« 笛の交換 | トップページ | Oさんと会ってきました »

2008.05.23

2と3の音の考察 -管内の乱流が吹き心地を悪くしている

■問題点
今度知り合いの結婚式で笛を吹くようお願いされてしまいました。早速練習をしはじめて改めて気づいたのが
2 [歌  ●●● ●●○]と3[歌  ●●● ●○○]の音がかすれるというか伸びが悪いのです。

※1オクターブ目は伸びがよいが、2オクターブ目の伸びが悪い
※1,4,5,6は1,2オクターブ目とも伸びが悪くない
※2より3の伸びが特に悪い
※篠笛では同じ現象は起きない。リシ笛はたぬ笛より伸びがよいが篠笛より若干かすれる。

■管内の乱流が原因!?
 たぶん原因は管内で乱流が発生して音の伸びが悪くなっているのでしょう。
 乱流とは流体が非定常的な流れになっている状態で、例として蛇口の水が少ない間はまっすぐに落ちている(層流)が、水が多くなると乱れた状態のことで、抵抗を増やすので流体力学として物理の主題の一つになっています。

※速度が増すと乱流になりやすい(1オクターブ目は伸びがよいが2オクターブ目は伸びが悪い)
※指穴の間隔が他と違い狭くなる2,3孔で発生しており、間隔が同じ篠笛では発生していない

 ことからも2,3の音の伸びの悪さは乱流が発生しているからと考えてよさそうです。

■乱流を少なくする方法
a. 発生源の大きさを小さくする
 乱流の発生元は接近している2孔に対しての3孔と思われます。3孔の直径を小さくすればよいでしょう。
 リシ笛では3孔は小さくなっていますが、たぬ笛では指穴サイズは揃えていました。
 3孔を小さくすれば同じピッチを得るためには管頭側によせる必要があり、下記bの距離を離すことにも
 つながります
b. 発生源から距離をあける
 2孔と3孔の間はミとファなので他の指穴と違い半音なので距離が小さいです。
 2孔を大きくすれば同じピッチを得るには管尻側によせる必要があり、2,3孔の距離が離れます。
 また2オクターブ目の筒音である1の音は他の音より伸びがよいですが、これは管の直径>指穴
 だからでしょう。指穴は大きくすればするほど音が大きく伸びがよくなりますが、指でおさえられる
 サイズが上限のため、10.5mm程度になっています。2孔だけ大きくすることで、抵抗が減り
 音の伸びがよくなる効果もあると思われます
 これがリシ笛などで2,3孔の大きさが違っていた理由なのですね。
c. 抵抗の少ない形状にする
 流線型と言われる形は乱流をおさえるためです。リブレットといわれる筋が飛行機の翼表面にはあり乱流を
 押さえているそうです。
 3孔の乱流をおさえるために、流線型になるように3孔の管尻側内壁をアンダーカットしてみました。
 早速試してみたところこのアンダーカットだけでも伸びがよくなりました。
d. 乱流を分散する
 ゴルフボールにへこみがある(ディンプル)なのはボールの進行方向後ろで発生する乱流を減らすために
 ボール全面で乱流が発生するようにしているそうです。この方法は今回の対象外かな。

■対応
 上記a. b. c.が効果があるように思います。
 次につくる時に試してみたいと思います。


|

« 笛の交換 | トップページ | Oさんと会ってきました »

コメント

大変興味深い考察です!!
東風笛にもあてはまる所が多々有り、なるほど、と思いました。
メダケとホウライチクでは管内のテーパが異なり、低音域の鳴りがずいぶん違います。ホウライチクの方が管尻側の乱流が少なく、音の伸びがよいのでしょうか。
東風笛は、リコーダーで言うところのバロック式運指とジャーマン式運指の2タイプ有りますが、指孔の大きさの組み合わせが異なります。音の伸びが両者で違う理由がなんとなくわかりました。最近ホウライチクで作った東風笛は、一番管尻側の指孔を大きくしていますが、これも音の伸びに影響していると思います。

投稿: 和竹 | 2008.05.23 22:24

きっと和竹さんがおもしろいと思ってくれると下記ながら感じていました。
ありがとうございます。

投稿: 竹主喜 | 2008.05.23 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笛の交換 | トップページ | Oさんと会ってきました »