« 2007年度のメダケ | トップページ | G-20050124-1(桐油) »

2008.01.22

2/18に小学校の全校生徒向けに獅子舞鑑賞会

来月近くの小学校で全校生徒を相手に獅子舞鑑賞会をおこなうことになりました。
小学生相手となると笛と舞の呼吸を合わせしっかりしあげて行きたいところです。
そのため週に2回程度夜に練習をすることになりました。

練習の最初に笛と同じように舞にも教習ビデオをつくろうということになり、今日はビデオ撮影をしてきました。
これを部分に分け名前を字幕に表示したりと編集をしてDVDにする予定です。
また過去の自分の舞をDVDでみて「まだまだ腰が高かった」などと大盛り上がりでした。

まるでおっさん達の部活動のようで楽しいです。

|

« 2007年度のメダケ | トップページ | G-20050124-1(桐油) »

コメント

こんばんは。
はじめまして!
たびたびお邪魔させていただいております。

わたくし、笛を自作しており祭りに参加しております。
実は、最近女竹を購入いたしましたところ、かなり曲がりが激しく
がっかりいたしました。
そこで、この曲がりを何とかできないものかとネットで
色々調べたところ、こちらなら
回答をいただけるのではないかと思い
書き込みさせていただきました。

ちなみに曲がり具合はほぼへの字です。
何か方法を教えていただけたら幸いに思います。
よろしくお願いします。

PS.どうやって問い合わせていいかわからず
書き込みしました。
メールを送ってよろしければ
ご連絡方法を教えていただければ
こちらから詳細を連絡したいのですが・・・。

投稿: kane | 2008.01.24 22:10

kaneさん初めましてコメントありがとうございます
ちなみにメールを送りたい場合左に「メール送信」リンクから送ってください。

笛用とはいえメダケは自然のものなので曲がっているものもあるでしょう。通常笛用なら複数購入されているでしょうから曲がっていないものをお使いになるのがもっとも確実だと思います。

 曲がりは炭火やガスなどで熱しながら強くまげると直ります。ただしもともと曲がっているものを直すと外見は直っているようでも内径はまっすぐに直りません。内径はオクターブ比に影響します。笛作りを始められる時にどの位置にあけるとどの周波数になるかを調べるでしょうがそれが同じ太さでも違ってきます。

 なので曲がっているものはそのまま使うか、使えないほど曲がっているならあきらめて別の竹を使った方がよいと思います。

投稿: 竹主喜 | 2008.01.24 22:42

こんにちは。
お返事ありがとうございました。

やはり、曲がりが強いものはあきらめるしかなさそうですね。

参考になりました。
ありがとうございました。

またお邪魔させていただきます。

投稿: kane | 2008.01.25 11:52

kaneさんへ 参考になれば幸いです。

投稿: 竹主喜 | 2008.01.25 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007年度のメダケ | トップページ | G-20050124-1(桐油) »