« 田んぼ入り口のゴミ | トップページ | 稲に穂がついた! »

2007.06.09

イネドロオイムシ発生

1週間ほど田んぼにいく時間が空いてしまいました。甲斐さんがその間下草刈りをしてくれていたのですが、害虫がついているとのこと。行ってみると稲に白い筋ができて黒い泥がついています。泥を落とすと中に虫がいました。
調べてみたらイネドロオイムシのようです。

千葉県HPよりイネドロオイムシの写真

 収量が減るそうです。農薬をまく時は1株に1~2個以上を基準にするとか。多い株だと5~6個ついていました。
 かといって農薬はまきたくないし…。

|

« 田んぼ入り口のゴミ | トップページ | 稲に穂がついた! »

コメント

う~ん …無農薬って難しいんですね( ̄- ̄=)


農薬まきたくないって気持ちはわかりますね …

投稿: さんちゃん | 2007.06.10 00:27

さんちゃんさん早速のコメントありがとうございます。
こういう難しさも体で知ることができるよい経験だと思っています。
農薬以外に機械で捕獲する方法もあるようです。いざとなれば手で取っても取れなくはない広さなのですがこれが大規模にやっている場合はどうしたらよいのだろうと考えてしまいます。

投稿: 竹主喜 | 2007.06.10 00:33

田んぼのお手入れいつもありがとうございます。

イネドロオイムシの話しを拝見しまして。どうした物かと色々ネットを見てみました。
イネドロオイムシは発生規模により駆除の可否を判定するみたいですね。
てげてげの状況がどうなのか良く分からないのですが。駆除不要の状況であることを願うばかりです。

幸いに、あの辺りの田んぼには雨蛙が多いようで、クモとかと共に何とかイネドロオイムシの被害を押さえてくれるのではないかと希望的に思うのですが。如何でしょうか?田植えに一度行っただけですので偉そうなこと云える義理では無いのですが。農薬はたぬさんのおっしゃるとおり農薬は避けたいですよね!規模が小さいだけに、農薬散布でいっぺんに田んぼの生態系が破壊されるように思います。

下記に興味ある農法に取り組まれている方のサイトリンクを載せておきます。一度ご覧下さい。

そうそう、関西に多いカブトエビは除草に効果があるらしいです。

6/16日午前中にてげてげへ行こうと思っています。


投稿: Santa | 2007.06.11 15:32

カオンさんから大家さんに聞いていただきました。
ちょっと白くなるかもしれないけれどその内いなくなる(成虫になって食害は減る)そうです。なのでこのままいきます。よかったよかった。
6/16ですか。またちょうど午前中は予定がはいっている。また会える日を楽しみにしてます。

投稿: 竹主喜 | 2007.06.11 15:42

それはよかったよかった♪

因みに昨日のコメントに、興味あるお米作りのサイトURLを載せ忘れました。
他力本願の米というサイトです。

お暇なら見てください。

http://www.hotarui.com/index.htm

投稿: | 2007.06.12 08:22

サンタさんコメントありがとうございます。
不耕起農業ですね。太田の方で不耕起農業を考えておられる方と話しました。水も何度もくまないといけないのでは…と思いましたが、雨が補充してくれるのかいつも水がたたえられています。元々田んぼだったよい土地なのでしょうが自然の力をそのまま借りて植物は自然に育つのですね。

投稿: 竹主喜 | 2007.06.12 09:45

皆さんの助言、うれしいですね!
今日もまた見てきましたヨ~。
田んぼの中の草は取ったので数日は心配いらないです。
水量ももちろん充分だと思います。
日当たりはあまりよくないのに成長は早い氣がしてます。
これは親バカかな?(笑)

投稿: kaon | 2007.06.15 23:40

カオンさんコメントありがとうございます。
6月になってからなかなか行けません。草取りありがとうございます。
水は最初に入れて以来一度も入れずとも十分なのがわき水なのか雨なのか合わせてなのかありがたいことです。
あんまり行かないものだから稲がいく度にすごくのびていますよね!楽しみです。

投稿: 竹主喜 | 2007.06.16 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田んぼ入り口のゴミ | トップページ | 稲に穂がついた! »