« 竹の内径加工(失敗1) | トップページ | 竹の内径加工 »

2007.03.03

笛の持ち歩き道具(ペンギン)

Penguin1 リシ笛教室の知り合いのサンタさんが教室メンバーが成田太鼓祭りでパレード演奏しやすいようにと写真のような笛の持ち運び道具を作ってくれました。名前はペンギンだそうです。
 最初はどうつかうんだろうと思っていましたが下のように笛袋をつけてベルトや帯に通して腰から下げるそうです。これはすぐれもの!Penguin2


|

« 竹の内径加工(失敗1) | トップページ | 竹の内径加工 »

コメント

 すばらしい。サンタさん。

 建築の工事現場では大工さんが玄翁を下げるのにこんなのを
よく使ってます。私はこの輪っかがカラビナになったものをよく
使います。
 アイデアですね~。

投稿: | 2007.03.04 04:05

 署名忘れました。そーれーでした。

投稿: そーれー | 2007.03.04 04:06

そーれーさんコメントありがとうございます。
実戦投入は4/15の予定です。道具はいいのだからもっと練習しないと…

投稿: 竹主喜 | 2007.03.04 09:19

これは便利そうですね。
でもなんでペンギンなんだろ?

投稿: どん | 2007.03.04 12:28

どんさんコメントありがとうございます。
私も何でペンギンなのか疑問に思っています。今度会ったら聞いてみます。

投稿: 竹主喜 | 2007.03.04 13:51

どもっ!ペンギン命名者のSantaです。

なぜペンギンか?答えは簡単です。
私がペンギンを好きだからです(^o^)

想像力を働かせてペンギンの写真をよ~くご覧下さい♪
ほ~ら不思議!黒い服きた黒いお目め、黒~いくちばしのペンギンさんに見えてきましたね~♪
良い子の皆さんは、なんだよぉ!カラスにしか見えないよ!なんて云ってはいけません。これはペンギンなんですから♪

ってな感じで名前を付けました。ですから、どこかのお店に行って
ペンギン下さいといっても、店員さんが困りますから気をつけてください。

さて、ペンギンの使い方で一つ作者よりアドバイスさせていただきます。
基本的にたぬさんの使い方で正解です。
但し、この使い方をしているとパレードなどの激しい踊り?を楽しむと、袋がずれてくるはずです。ですから、写真で云う紐の辺りを安全ピンか何かで袋と折り返しの布を止めてやるとズレが防げると思います。
また、写真で見ると袋から笛が余り飛び出していませんね!この状態ですと。パレードなどの芸?を披露する際に笛が抜きにくいのです。ですから、袋の下側を結ぶとか安全ピンで止めるなどして、袋を底上げしてください。そうすると、笛も抜きやすくなり、暴漢などにおそわれた場合、直ぐに笛を抜き出し反撃に出られます。

如何でしょうか!これが正統ペンギン使いです。
因みに、リングの内径がそれ程大きくないので、厚手の布袋や太い笛にはチト厳しいかもしれませんね♪
また、ベルト以外にも、お洒落な紐などをとおして、首や肩から掛ける方法も試してみてください。

そーれーさん!このリングは棒お仕事の棒吊りに使う部品です。
試作品で造った部品ですが、お蔵入りになってしまいそうなところで日の目を見ることが出来。リング君もさぞ喜んでいることと思います。
お蔵入り寸前のリング君まだ若干名控えておりますので、ご希望であればおっしゃってください。いつの日かお届けいたしましょう。

そうそう、パレード本番ですが。やっぱり音の良いG管を使おうと思っています。
たぬさんと貴重な男手!頑張りましょう!
ペンギン共々宜しくお願いいたします。

ではでは
ε(ё)з~♪

投稿: santa | 2007.03.04 18:07

サンタさんコメントありがとうございます。
わっかはくちばしだったのですね。
さて竹主喜は実はもう1つ欲しいと思っています。2本もつこともあるかと思ってのことです。
機会があればお願いいたします。

投稿: 竹主喜 | 2007.03.04 21:44

了解しました~♪

投稿: santa | 2007.03.05 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹の内径加工(失敗1) | トップページ | 竹の内径加工 »