« 2006年多摩川メダケ採り | トップページ | ねぶたの笛が来た! »

2006.11.26

印旛学舎での演奏

11月のリシ笛教室はいんば学舎という心身障害者作業施設の収穫祭で演奏させていただく機会を得ました。
「テルーの歌」「ふるさと(カオン・たぬデュエット)」「オヨーダイ(カオン・アリスデュエット)」「島唄(A-YOと)」でA-YOのジャンベには施設の人がステージで踊ってくれました。朝は手がかじかむぐらいだったのですが薄日もさしていい演奏日和になりました。本番は練習のよい機会にもなりいいものです。ありがとうございました。
ビデオを録画したのですが欲しい方はおっしゃってください。12月の教室には持って行きます。DVD1枚実費100円で焼き増しいたします。

|

« 2006年多摩川メダケ採り | トップページ | ねぶたの笛が来た! »

コメント

 たぬさんのデュエット、本当に音に透明感があって、ステキでしたよ!
たぬさんの高音って、まるこくって優しい音なんですね。それに、透明感があってきれいな音で、、、たぬさんの性格そのものを表している音なんだろうな、、、なんて思います。
 高音って、息を強めに吹き込むので、つい音が立ってしまう感じなんでけど、たぬさんの音って、癒しを感じますね。
 で、カオンさんとのデュエットでしたから、最高の癒しですね!
心にしみいる「ふるさと」で、いんば学舎の雰囲気にもぴったりでしたね。
 ありがとうございました。
私も、いつもより落ち着いて、たのしんで吹くことができて、嬉しかったです。
DVDの方、よろしくお願いします。

投稿: 愛アリス | 2006.11.27 09:46

 愛アリスさんコメントありがとうございます。そんなにほめていただいてこそばいです。ありがとうございます。
 昨日のビデオを見直してみると副旋律なのに音が主旋律よりも大きい…。マイクがたぬの音だけひろったのかもしれませんが横を聞いていないなぁと思っていたところでした。
 ステージで踊る施設の人は圧巻です。DVDお楽しみに。

投稿: 竹主喜 | 2006.11.27 09:57

おはようございます。

昨日も駅までの送迎有り難うございました。

たぬさんは非常にバランス感覚がよく、冷静に話しを
聞けるので、こちらも安心してイロンナ話をすることが
出来ました。笛だけに限らず、今後も様々な話を是非
したいと思います。宜しくお願いしますね。

投稿: SP | 2006.11.27 09:58

駅でのお話も楽しかったです。一歩踏み込んだ分析の鋭いSPさんのお話はいつも楽しく思っています。今後と共よろしくお願いします。

投稿: 竹主喜 | 2006.11.27 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006年多摩川メダケ採り | トップページ | ねぶたの笛が来た! »