« 岩瀬様と煤竹(3) | トップページ | ピタゴラス律の周波数を勘違いしていました!! »

2006.06.03

歌口と指孔の内側の面取り

 G-20060531-1で歌口のエッジの面取りをすることでシューシューという音がとれましたが、まだ少し残っている気がしますし2オクターブ目はまだ鳴りが悪い気がしていました。
 歌口エッジの面取りで空気の抵抗が下がるなら、歌口の管内壁側の面取りも効果があるかもしれないと思いつきました。やってみると効果がありました。それなら指孔も管内壁側の面取りは効果があるかもとためしてみると歌口の内と外の面取りと合わせて大幅な効果がありました。明らかに音量が増しシューシューという雑音が小さくなりました!!!手元にある何本かで試したらどれも同様の効果があり音が大きく、音色が澄んで来ました。

 妻に聞いてもらっても昨日より音色が確実に澄んだとのこと。ただ音色が澄みすぎているせいか哀愁がない…と。自分でも音が大きく澄みすぎてちょっと軽い音に聞こえるなぁと感じてはいました。
 もしかしたら面取りは内側だけの方がよいのかもしれないし、音程も純正律にしてみるとかも考えられます。

 いずれにしても一歩進んだ気がします。

|

« 岩瀬様と煤竹(3) | トップページ | ピタゴラス律の周波数を勘違いしていました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/10377663

この記事へのトラックバック一覧です: 歌口と指孔の内側の面取り:

« 岩瀬様と煤竹(3) | トップページ | ピタゴラス律の周波数を勘違いしていました!! »