« 歌口と指孔の内側の面取り | トップページ | G-20060605-1と純正律 »

2006.06.05

ピタゴラス律の周波数を勘違いしていました!!

 今回純正律の笛を作るために計算をしていて、今までピタゴラス律の周波数を求める式の解釈が正しくないことに気づきました!!

 平均律を求める際は基音のAの周波数を元に12音階を求めていました。
 ピタゴラス律を求める際もその音階のAを基準に計算していました。これでは周波数がずれるだけで平均律と一緒になってしまいます。ピタゴラス律はその調のドを平均律で計算して、そのドを基準に計算すべきでした。
 平均律の笛をたくさん作っていたことになってしまう…

 周波数計算シートと横笛指孔位置計算シートを修正しました。


○横笛指孔位置計算シート(excel)
○基音(442Hz等)から平均律・ピタゴラス律・純正律の音階の周波数を求める計算シート(excel)

|

« 歌口と指孔の内側の面取り | トップページ | G-20060605-1と純正律 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌口と指孔の内側の面取り | トップページ | G-20060605-1と純正律 »