« 住吉神社三匹獅子舞の歌(mp3つき) | トップページ | 北笛さんからいただいたケーナ »

2006.05.27

住吉神社の獅子頭が埼玉県立歴史と民俗の博物館に展示

20060527saitama 埼玉県の歴史・民俗を展示する埼玉県立歴史と民俗の博物館で2006/04/29~06/11に「芸能絵巻 -舞い踊り囃す」の特別展示で住吉神社の獅子頭が展示されることになりました。

 せっかく博物館で展示されるのであれば、ということで住吉神社の一行18名でマイクロバスで一日観光ツアーに行ってきました。住吉神社の獅子頭は寛文元年(1661年)と墨書きがありだいたい1600年台から三匹獅子が関東に広がったそうで、かなり古い部類に入るそうです。

 埼玉の獅子舞には多くの場合ささら(竹や木をすり合わせる楽器)が使われたり、天狗などの道化、花笠(花が載った箱を頭にかぶった人)などがいるそうなのですが、住吉神社にはどれもありません。また同じ市内の近くの獅子舞も動きも全く違いました。どのような流れでできあがったものなのか気になりますがはっきりしたことは分からないようです。いずれにしてもそれぞれの獅子舞がそれぞれ特有の貴重なものであることが実感できました。


 

|

« 住吉神社三匹獅子舞の歌(mp3つき) | トップページ | 北笛さんからいただいたケーナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/10263593

この記事へのトラックバック一覧です: 住吉神社の獅子頭が埼玉県立歴史と民俗の博物館に展示:

« 住吉神社三匹獅子舞の歌(mp3つき) | トップページ | 北笛さんからいただいたケーナ »