« 岩瀬様と煤竹 | トップページ | 岩瀬様と煤竹(2) »

2006.03.05

F,G,B♭-20060301

FGB-20060301
○B♭-20060301-1(440Hz -9c(-22c)/18℃/ホウライチク-1節/内径16.5mm/オクターブ比1.96-2.03/指孔10mm)
○B♭-20060301-2(442Hz +15c(+22c)/18℃/ホウライチク-1節/内径15.2mm/オクターブ比1.94-2.00/指孔10mm)
○G-20060301-1(440Hz -2c(-10c)/18℃/ホウライチク-1節/内径16.2mm/オクターブ比1.97-2.02/指孔10.5mm)
○F-20060301-1(440Hz -4c(-16c)/18℃/ホウライチク-1節/内径19.7mm/オクターブ比1.99-2.01/指孔10.5mm)
 2005/11に富士竹類植物園で採ったホウライチクがだいたい乾いたので3年は待ちきれず何本か笛にしてみました。Fはまだ緑が少し残っています…。しかし元々表面が黄色くなった古い竹を伐ったためか管内壁は昔「リブレット加工」でかいたように筋が入っています。このためか管頭の形状が違うせいか微妙にメダケの式の位置と正しいピッチの位置が違うようです。またオクターブ比もメダケでは管尻側から管頭側に向けて下がる一方なのですが、下がったりあがったりしながら徐々に下がっています。
 吹き心地の感想は作成直後と数日後では感想が変わっていることがあるので今日もう一度みました。

 どれも太めであることもあり低音は素晴らしくよいと思います。しかし高音が少しさみしい。そのためB♭がいまいち満足できません。干す期間が足りないためでしょうか…。
 特にGとFが

|

« 岩瀬様と煤竹 | トップページ | 岩瀬様と煤竹(2) »

コメント

お~、いよいよ作りましたか。
竹の種類で計算式が…というよりは係数かな?…が変わるのですね。
面白いですね。
う~ん、音色を聞けるのを楽しみにしていますね~♪
それにしてもF管のオクターブ比は良いですね~。

投稿: まさ | 2006.03.06 22:51

まさどんさんも1500円の練習用横笛を見つけられたりして常に笛を忘れていませんね。
同じ日に採った富士の竹ですから頃合いがきて作った時には見せてくださいね。楽しみにしています。

投稿: 竹主喜 | 2006.03.06 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/8950105

この記事へのトラックバック一覧です: F,G,B♭-20060301:

« 岩瀬様と煤竹 | トップページ | 岩瀬様と煤竹(2) »