« 竹の燻製その2(準備編) | トップページ | 竹の燻製その2(温度計測編) »

2006.01.15

煌燻竹断面・表面写真

medake-koukun
煌燻メダケ
medake-nonsmoke
非燻製メダケ
 煌燻(スガオカ依頼の燻製)メダケ、非燻製メダケの断面の顕微鏡写真を撮りました。 顕微鏡では微妙な違いですが、ノコギリで切片を切断すると煌燻竹の方が削りクズが少ないというか、より目が小さいゴミがでます。煌燻竹が乾燥が進み、より堅くなっているのを感じます。
medake-koukun-hyoumenmedake-koukun-hyoumen2
 これで表面のガラス質がなかったら…と紙ヤスリで磨いてもあまり変わりません。ナイフの刃で削ったところ状況によっては上手く黒いガラス質がとれて煤竹特有のきつね色が現れました。元の表面によって笛全体がきれいにはなかなかならないようです…。
hourai-smoke なお右はホウライチクの断面写真です。メダケとは導管の形が明らかに違います。 ホウライチクは比重が重い(と感じる)竹が多いですが、導管の間が詰まっているため密度が高いのでしょうか…


|

« 竹の燻製その2(準備編) | トップページ | 竹の燻製その2(温度計測編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/8173432

この記事へのトラックバック一覧です: 煌燻竹断面・表面写真:

« 竹の燻製その2(準備編) | トップページ | 竹の燻製その2(温度計測編) »