« 2005風音発表会 | トップページ | 煌燻竹でG管とC管 »

2005.12.20

最後のリシ笛新宿教室

突然ですが個人的な事情からリシ笛新宿教室に2006/01からの参加を見送ることにいたしました。
そのため今日は最後の新宿教室になりました。
はじまりは、カオン先生の少し遅れましたがバースデーに生徒5人でHappyBirthdayとOver the Rainbowを合奏させてもらいました。教室の少し前に集まってカラオケボックスで練習しています。ボックスは音がよく響いてとても楽しかったです。合奏の本番は少しミスったところもありますが、事前に決めた演出もでき心をこめられたと思います。
教室は今まで習った全部の曲の全パートを演奏しました。

最後の最後まで実に楽しい経験でした。カオン先生そしてみなさん本当にありがとうございました。

|

« 2005風音発表会 | トップページ | 煌燻竹でG管とC管 »

コメント

たぬさん、リシ笛教室最後なのはとっても残念ですけど
笛を吹かなくなるわけじゃないから、これからもよろしくね~~~♪
感覚派のおねーさま達の中で、理性のたぬさん、貴重でしたよ!!笑!!!
たぬさんの出す「音」もとても好きです。

笛造りもますます腕をみがいてくださいませ。

ありがとうございます♪

投稿: kana | 2005.12.21 00:31

kanaさんコメントありがとうございます。 
「感覚派のおねーさま」のおかげで一杯貴重な勉強させてもらいました。きっと今後の役に立つと思います。たぬの音をお誉めいただいてありがとうございます。
これからも笛からは離れないと思うのでまたお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.21 07:36

竹主喜さん、色々お世話になりました〜!…って別にお別れする訳じゃないですよね。(笑)
リシ笛教室は「至福の時」でした。竹主喜さんの音色が、どんどんいい音色になっていくのが
毎回感じられました。取りあえず第1期は終了したのかな…。それぞれがそれぞれにリシ笛と
かかわって行く第2期へと流れて行く様な気がします。
また、佐倉教室やリシ笛関係の何かで、お会い出来ると思います。又、その時は宜しくお願いします。

>感覚派のおねーさま達
ホントにkanaちゃんや、カズちゃんやアサノちゃん、、そしてド真ん中!って感じのカオンさん!
皆さん、超・感覚派ですもんねー。私、頑張ってついて行きます!!

投稿: B-MAD | 2005.12.21 22:37

B-MADさんもコメントありがとうございます
ほんとに至福の時でした。やはり尊敬できる師につけ、よい笛友に恵まれたのは、働き方を変えた甲斐がありました。これから第二期どんな発展があるか末永くよろしくお願いします。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.22 00:26

 事情は解りませんが お察しします。
 今後とも関わられた皆さんのご多幸をお祈りします。

 たぬさん お会いできませんか??

投稿: そーれー | 2005.12.22 01:20

たぬさん、ご卒業おめでとう!
って、まぁまた再来年あたりは復帰出来るかもわからないですよね。
いや~、色々お世話になりまして・・・本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願い致します。

そーれーさん!
お元気ですか?
お忙しいようですね~。孔開けてますか?
私の方は気が向いたときにボチボチやってます。

投稿: まさどん | 2005.12.22 08:47

まさどんさんもありがとうございます
こちらこそありがとうございました。そーれーさんには別途メールを出しておきました。
卒業、いいですね。昔いた会社では会社を辞めることを「卒業」といっていました。次にいけますものね。これからもよろしくお願いします。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.22 10:01

 まさどんさん 御無沙汰です。

 こちらは相変わらず忙しくしておりますが,元気です。
 笛製作の方はとんと。。 やりたいことばかりたまりましてね。
やればいいんですけどまとまんないと進めないこの性格は直さねばと。

 最近の課題は,軽く鳴らせる笛。 みなさんにと作っておりますものも
中側に磨きを掛けて支障のない範囲で薄くしてみようとか。
 ヒントはバンスリー。軽くて硬くて薄くてね。太く柔らかな音を出すのに
ちっとも苦しくないんですよ。学ぶべきものがきっとここに。
 龍笛,高麗笛は逆に管径に対して肉厚ですよね。どうしてでしょう。
どちらの音も好きですが。
 どんどん変わって

投稿: そーれー | 2005.12.23 01:07

そーれーさん 薄くした笛の吹き心地と音色はおもしろそうですね。できたらぜひ聞かせてくださいね。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.23 23:16

 どうもです。最後にへんなのが1行残ってましてすみません。

 以前買った竹屋さんの竹が細いのに肉厚のがありまして高麗笛風にしようか
通常のC管にしようか考えて置いてました。同じ管径のもので肉厚を変えて音色の
違いだけ見てやろうかと。オクターブとか音程とも変わってきそうですがこのあたりも。

投稿: そーれー | 2005.12.24 07:12

お~~、そーれーさんお久しぶりです。
肉厚は気になるところですよね~。
歌口周辺は多少は肉が厚い方が良いのかなと思いますが、今作っている(ははは・・・もう何ヶ月やってんだろ>自分)だいぶ薄めなんですよ。
そーれーさんの笛が出来たら見せて頂きたいなぁ。

投稿: まさどん | 2005.12.24 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/7738868

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のリシ笛新宿教室:

« 2005風音発表会 | トップページ | 煌燻竹でG管とC管 »