« 「招福コンサート&ツキを呼ぶお話」 | トップページ | 住吉神社年末大掃除 »

2005.12.17

煌燻竹が遂に届きました

koukun-take 以前株式会社古代人スガオカのスガオカ酋長(社長の間違いではありません)に煌燻用にメダケを送っていました。

煌燻竹用に女竹を発送

 古代人スガオカは木材乾燥を煤竹をつくるように煙で燻して行うことで虫の付きにくい狂いのない木材を作る炉の製作を行っていらっしゃる会社です。乾燥法が煤竹をつくる原理と同じなのでメダケを煌燻で乾燥させると笛材として最適になるのではないか、と思ってお願いしたのです。

囲炉裏の煙に防虫効果発見 青森の会社設楽山中に自然に優しくアトピーにも効果 燻煙材づくり新装置(2005/11/09読売新聞)

 ついに煌燻竹が届きました。切ってみると燻製の強いいい香りがします。今回の乾燥ではこの竹の他にバイオリンも燻煙乾燥させたそうです。年末年始に笛にしてみたいと思います。楽しみです。

|

« 「招福コンサート&ツキを呼ぶお話」 | トップページ | 住吉神社年末大掃除 »

コメント

お~~~~!
遂に届きましたかぁ♪
もう、当分ないのかなぁと思っていました。
どんな音が出るのか、レポート楽しみにしていますね~~。
それにしても、何かで塗ったのかと思うぐらい真っ黒ですね~。

投稿: まさ | 2005.12.18 00:45

まさどんさん 素早いコメントありがとうございます。
表面が光っているぐらい黒光りしています。酋長によると「、直径50センチ×長さ6mなどの皮付き丸太と混成乾燥ゆえ、室内温度が110度になったのが原因と思われます」だそうです。温度が高いと黒くなるのでしょうか。時間をみつけて笛にしてみたいと思います。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.18 00:55

写真を視界から外して「黒光りしています」という文字を見るだけでもワクワクします。いわゆる「煤竹」よりも煤が濃く入っていそうですね。黒炭にも近くなるんでしょうか?黒炭も、備長炭で木琴を作ると金属みたいな澄んだ響きがするそうです(「炭琴」?)から、よく波動を伝えてくれそうですよね。

投稿: 岩茸 | 2005.12.19 00:48

岩茸さnコメントありがとうございます
煤がより濃いみたいです。管尻を切ってみましたが中まで黒いわけではないようです。炭になっている訳ではなく楽しみです。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.19 07:36

竹主喜さんから送られてきた「竹」を「煌燻木材乾燥機」で
混成乾燥しました。
「混成乾燥」とは皮付き丸太から製剤製品の角材、板材、などを一緒に乾燥する意味です。
この中に、竹主喜さんの「竹」とバイオリンの素材である
「もみ」の木も一緒に混成乾燥しました。
主眼は、「皮付き丸太の乾燥」です。
この丸太は杉。サイズは、長さ6m×直径60cm含水率は120%でズブズブの生木です。この含水率を「日本農林規格の含水率にするには15%にしなければ住宅用材として「不合格」です。
11月11日15時36分に火入れしました。
丸太の中心部と乾燥庫内の温度85度に同温する作業が始まりました。この同温にする工程は5日目で達成します。この同温になった時点でさらに7日間持続させます。すると120%の含水率は、どんどん低下するのですが、今回はどう言う訳か低下しないのです?
それで止む無く温度を上昇させて見ました。
掟を破って。徐に徐に拮抗させながら。110度になったら、含水率が低下し始めたのです。
高温の理由はわかりました。この「杉の木」は根曲がり
従来は素性の良い木でした。良い発見できたと喜んでいます。人間も木も素性の良い、のと、根性が曲がった。のがあるように。
HPで「古代人スガオカ」で検索。読売新聞の記事掲載にこの根曲がりと酋長が掲載されています。
一読一見ください。


投稿: 古代人酋長 | 2005.12.23 21:16

スガオカ酋長さん、コメントありがとうございます。
同じ記事が2回投稿されていたので1回分削除しました。
この後煌燻竹で作った笛の記事をアップします。
ところでバイオリンの具合がどうだったのか気になっているのですがいかがでしょうか?もし分かったらメールでも教えてくださいね。

投稿: 竹主喜 | 2005.12.23 21:29

●煌燻木材乾燥はロシア産の巨木で長さ30m×径1.5m 樹種はミズナラを燃料は樹皮で乾燥※HP記載
●煌燻(こうくん)木材乾燥は約1500年前の鼎(かなえ)とオンドル床暖房の組合せ
●鼎は伐採。乾燥。防虫。防腐。防カビなど網羅した技法で世界遺産の法隆寺や国宝級など多数構築
▲囲炉裏は炊事の煮炊きや暖房用の道具で煙の防腐や防虫や防カビ効果など皆無※出典:信州森林博物館

各位様
古代人スガオカ 代表酋長 菅岡健司と申します。突然のメールを差し上げる無礼をご容赦ください

●地球の健康。人間の健康に貢献の煌燻木材乾燥は地球温暖化を抑止し地方を創生し地域を活性化

 1:燃料の木質バイオマスは再生可能エネルギーとして二酸化炭素排出は計上されない:環境省
   雑草。農作物の殻。樹皮。木屑。廃材。未利用木材。放置竹林。流木等で長さ12m以内切断不要 

 2:安定的に160kw/h以上の発電と70℃以上の湯を15000リットル以上採湯し、燻液から水素も生成
  
 3:皮付き丸太乾燥は樹種問わず木材特有の「割れ、曲がり、反り、捻じれ」などは皆無

 4:岐阜県長良川や青森県大畑川の護岸に使用した煌燻木材に汚染水、汚染空気を浄化したり
   腐朽菌を抗菌する「水苔」が繁茂でメダカ、アユ、イワナ、ヤマメが※元三河水産試験場長

5:高温性カビ。中温性カビ。好乾性カビなどの発生が全く見られない
  ※出典:厚生省+通産省+国土開発=健康建材認定制度プロゼェクトチーム平成11年3月10日

 6:アメリカ松の防蟻試験に於いて全中死亡の確認が見られた
                   ※出典:鹿児島県工業技術センター 平成9年10月17日

 7:曲げ強度試験:蒸気乾燥木材に対しては1.35倍強い。生材に対しても1.08倍強い
         ※出典:宮崎県工業試験場工芸支場平成9年12月18日
 
 8:引っ張り試験:蒸気木材より1.3倍強い※出典:八戸工業大学エネルギー学科 平成7年2月23日
    蒸気乾燥木材の組織委細胞の破壊有り※出典:八戸工業大学エネルギー学科 平成7年2月14日

●オンドル床暖房は昭和59年、建設省主催の省エネコaンクールで「住宅金融公庫総裁賞を受賞
暖炉で燃焼した熱を床下に通して床暖房し70℃以上の湯を毎日200リットル採湯。最後は屋根の雪を融雪

●煌燻木材乾燥は平成8年東北地域創造的企業活動推進協議会より東北ベンチャーランド奨励賞受賞

※DVDと詳細資料をご希望の方には2500円を頂いております。電話:070-5323-3301

投稿: 株式会社古代人スガオカ | 2015.07.28 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/7671537

この記事へのトラックバック一覧です: 煌燻竹が遂に届きました:

« 「招福コンサート&ツキを呼ぶお話」 | トップページ | 住吉神社年末大掃除 »