« 『三匹獅子舞の研究』 | トップページ | 三匹獅子舞の6孔笛 »

2005.11.12

住吉神社の三匹獅子舞

 先月飛び込みに近い形で参加させてもらった住吉神社の例大祭の反省会を呼んでいただきました。

 来年に向けてテープしか残っていない獅子舞の笛の曲を復活させることをみなさん強く望んでおられ、大きなプレッシャーとともに獅子舞のテープとDVDを託されてきました。さあいよいよどこまで聞き取れるか…気合いを入れないといけません。

 合わせていろいろ過去の話も聞けました。50軒ぐらいだった集落が「新住民」を含め100軒ほどになり、昔田んぼや竹林だった場所に大規模な新興住宅地ができたりと、ここ数十年は大幅な変化があったようで、それに合わせ地域での神社のありかたも大きく変化しているようでした。
 昔は集落の中学生以上の長男だけが参加し伝承していたそうですが、40年ほど前に若者への伝承は止まってしまったそうです。仕事が農業しかなかった時代から工場も近くに出て勤め人が増えたりして生活パターンが変わったことが大きいそうです。例大祭は例年10/16で、三匹獅子舞は例大祭とは別に彼岸の入りと明けの2回に行われていたそうですが、今回神社の移転に合わせて祭りを復活させるに当たり同じ日にしたのだそうです。

 子供御輿も今年初めて企画したとか。子供の減少で本殿に子供御輿を搬出入するのを小学生5,6年生が担当したのですが、来年は人数が減って足りなくなるとか。また参加人数も熱心さでも女の子の方が盛んだそうです。しかし江戸時代中期から300年続く三匹獅子舞を残すためにも若い世代の参加は希望の光です。
 そんな中今日の話し合いでは、「(今は男性しか参加していない獅子舞に)女の子が参加してもよいのか?」との質問に長老格の方が「当然」と即返答がありました。他の方も当然と受け止めていました。私はかなりびっくりしました。私が呼ばれたことも含めてきっと新しい神社のあり方を模索しているのだと強く感じた一日でした。

 それと神社のいわれですが、住吉神社とは水に関わりのある場所にある神社です。神戸生まれの私には住吉大社がすぐ頭に浮かびますが海運の場所そのものです。しかしこの住吉神社の周りには海もなければ川も水もありません。なんでこんなところに住吉神社が…と疑問に思い聞いてみたら大昔利根川水系の湖があったらしいとのこと。だとしたそれこそかなりの大昔にこの神社はできたことになります。かなりおもしろそうなので今度調べてみます。

|

« 『三匹獅子舞の研究』 | トップページ | 三匹獅子舞の6孔笛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/7068052

この記事へのトラックバック一覧です: 住吉神社の三匹獅子舞:

« 『三匹獅子舞の研究』 | トップページ | 三匹獅子舞の6孔笛 »