« 13の月の会のキャンプ(引力) | トップページ | 演奏レベルを上げるために »

2005.09.25

浅草の今戸神社での奉納演奏

9/24の今日はカオンさんに誘われて浅草の今戸神社に伺いました。
読書普及協会千葉支部の「ついてる中ちゃん」がカオンさんに今戸神社の神職をされておられる市野親娘をご紹介いただく機会に同行させていただいたのです。
お母さんの方は一言で言うと才能あふれるパワフルな方でした。50からウクレレを始められ何曲かご披露いただいたのですがかなりの腕前です。しかも作曲もされ、譜面にして小学生の合唱でCDにされたりもしておられます。他にも色々ありなかなか語り尽くせない方でした。
娘さんの市野智絵さんは神職であり、読売文化センターの似顔絵講師、両手描きの七福神図等こちらもなかなか語り尽くせない魅力のある方でした。

■今戸神社ホームページ

お話を伺った後、神殿で神様にカオンさんが2曲ほど奉納演奏されました。カオンさんによると光の柱の中にいるようにすばらしい場の神殿だそうで、音が心にしみいりました。アメージンググレースはまるでトランペットのように甘く切なく響いていました。

その何と神殿の神前でカオンさんと笛でセッションをすることになりました。さすがに神殿では…と思う気持ちは強かったのですが何というか流れでした。笛の教室では何度かセッション(笛でトーク)はやっていて会心のできの時は意識が無になって心が音楽に乗るのですが、場の力か吹き出してすぐに意識が無になることができました。
今回たまたまテープで録音いただいていたのですが、後で自分で聞いても自分で吹いたとは思えないぐらいです。即興の演奏をMP3にしました。

 『今戸神社でのカオンさん+竹主喜奉納演奏/MP3-64K(2005/09/25)』

先週は130人の人の前での演奏、今週は神前での演奏とは何か大きな流れを感じずにはいられません。
場をいただいて心よりありがとうございます。

|

« 13の月の会のキャンプ(引力) | トップページ | 演奏レベルを上げるために »

コメント

いや~、ステキな演奏ですね~♪

もともと音楽は神様への奉納から始まったと思うのです。
もちろんすべての音楽がそういう訳ではないのでしょうが、ひとつのルーツなのかなと。
それをみんなで鑑賞するのですよね。

たぬさんの笛人生がどんどん大きな流れになって進んでゆきますね~♪

投稿: まさ | 2005.09.26 13:09

まさどんさんありがとうございます
まだまだ竹主喜の力は及んでいませんが、カオンさんに手を引いてもらって天上の世界をかいま見ることができました。音楽は人と楽しむ場合と神にささげる場合があるのだと思いました。
「大人の時間」も楽しい時間をすごせたようでよかったです。
昨日NHKスペシャルででヨーカドーの改革特集をやっていました。「移り気な消費者をどうしたら呼び戻せるか」と真剣に考えていましたが、消費という行動そのものが必要なものであっても欲しいものではなく前提が違うのでは…と思いました。「大人の時間」やこんな過ごし方こそ欲しいものですがお金を積んでも買えませんから…

投稿: 竹主喜 | 2005.09.26 13:29

>「大人の時間」やこんな過ごし方こそ欲しいものですがお金を積んでも買えませんから…

確かにその通りですね。
こういうチャンスをたくさん経験したいものですよね。
歓びとか感動とか・・・そういうものを本当に多くの人と分かち合いたいですね~。
お金のやりとりは結果的についてくるものであって、目的ではないのだと思います。

投稿: まさ | 2005.09.26 21:40

神殿での演奏に聞き入りました。
素晴らしいー。
アンデスの山に響き渡るケーナもいいですが、
ぶなの森の大地に染み入る雨水の如く、リシ笛、たぬ笛が大地を、神殿を震わせているように感じました。
笛はG管でしょうか。何を使っておられますか。
出だしの鈴の音は演出されたのでしょうか。静寂な神殿の雰囲気がこみ上げてきました。
「リシ笛小曲集」の二重奏とはこのような事かと思いました。

投稿: 岩瀬 | 2005.09.26 23:35

岩瀬さんコメントありがとうございます
「聞き入った」とは恥ずかしいですが…出だしの鈴は参拝の方が偶然鳴らしてくれた神社の鈴の音です。私の後で聞いて演出になったと思うぐらいのタイミングでした。神様が降りてきてくれていたのでしょうか…
笛はリシ笛G管の二重奏です。リシ笛小曲集の二重奏とは確かにこんな感じかもしれません。
合奏は他にはないいい感じですよ。

投稿: 竹主喜 | 2005.09.27 07:19

いいですね〜〜〜!
心が癒される音色です。特に「小節の吹き始め」の音に気持ちがこもっている様に感じられました。
終盤、ちょっとリズミカルになるのも、いいなぁ。丁度いい感じのノリですよね。軽すぎず、重くもなく。
これを「無」の境地でやってしまうのは、凄いです!!
私はこの「無」になって音に身を任せる事が出来んのですー。「笛の対話」が苦手なのも
そこなのかなぁ?まだまだまだまだ……修行が足りん。でも、だからこそ楽しいんですよね〜!
あぁ、こうやって自己弁護しちゃうのもねぇ…。やっぱり、己自身を越えないと!

>歓びとか感動とか・・・そういうものを本当に多くの人と分かち合いたいですね~。

そうそう!やっぱり人との温かい輪…涙が出そうになる程の感動を味わえる自分は幸せだ〜って感じちゃうもんね。
大切にして行きたいです。

投稿: B-MAD | 2005.09.27 09:34

ついてる 竹主喜さま

ほんと素晴らしい時間でしたね。
またお会いしましょう。

ついてる!ついてる!ありがとう!!
BY中ちゃん。

投稿: 千葉の中ちゃん | 2005.10.02 00:28

B-MADさん、ついてる中ちゃんコメントありがとうございます。
B-MADさんにおいと思っていただけるとはうれしい限りです。この演奏で竹主喜に不足している技術が分かりました。人の音を聞く能力=耳コピの能力だと思いました。どうやって訓練しようかなぁ。明日試してみたいことがあります。
中ちゃんその後との中ちゃんラーメンもおいしかったです。またの機会に。

投稿: 竹主喜 | 2005.10.02 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/6103757

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草の今戸神社での奉納演奏:

« 13の月の会のキャンプ(引力) | トップページ | 演奏レベルを上げるために »