« 尺八の永井栖鳳氏 | トップページ | 13の月の会のキャンプ(引力) »

2005.09.17

岩瀬様の笛

 岩瀬様よりF管、G管、A管を送っていただきました。9/7にいただいていたのですが今日やっと笛に向かうことができました。岩瀬様お待たせしました。なお計測温度は28℃です。
iwase-FGA
 笛にバンスリのようにマジックで型番が書いてありました。日付を元にした数字なのが何だか竹主喜と趣味が一緒!とほのぼのしてしまいました。では早速吹いて測定してみました。

○型番:2005-05-13-3F(F管)

  甲シ甲ラ甲ソ甲ファ甲ミ甲レ甲ド 乙シ乙ラ乙ソ乙ファ乙ミ乙レ乙ド
440Hz平均律(Hz)131911751047932880784698659587523466440392349
測定(Hz) 126511651045936888802722 680608540483452405354
セント-72%-15%-3%7%16%41%60%56%63%57%64%49%59%24%
オクターブ比1.861.921.941.941.961.982.04-

 内壁は濃い柿渋で塗られています。糸巻きもきれにまかれていて丁寧に書こうされています。ただちょっと音のずれが大きかったです。指孔が10mmで小さめなので吹き心地に抵抗がありました。

○型番:2005-08-02-2G(G管)

  甲シ甲ラ甲ソ甲ファ甲ミ甲レ甲ド 乙シ乙ラ乙ソ乙ファ乙ミ乙レ乙ド
442Hz平均律(Hz) 1487132511801051992884788 743662590526496442394
測定(Hz)1450131011711051990890792745661595526496444390
セント-44%-20%-14%0%-4%12%10%4%-3%15%1%0%8%-17%
オクターブ比1.951.981.972.002.002.002.03-

 内壁は柿渋ではなくよく磨いて油を引いてあるようです。何の油でしょうか。
 かなり楕円形なのですが長径側に指孔を開けておられます。オクターブ比は1.95以上とこれなら吹いていて違和感ありません。442Hzよりも若干高めのなっているようです。

○型番:2005-06-13-4A(A管)

  甲シ甲ラ甲ソ甲ファ甲ミ甲レ甲ド 乙シ乙ラ乙ソ乙ファ乙ミ乙レ乙ド
440Hz平均律(Hz)16611480131911751109988880831740659587554494440
測定(Hz)164014801333119211201007900865765684601561503440
セント-23%0%20%26%18%35%40%74%60%67%41%21%33%0%
オクターブ比1.901.931.951.982.002.002.05-

 こちらも柿渋が内壁にぬられています。厚さ4mmとかなり暑い竹を使っておられます。A管なら10mmもまずまず。しかし音のずれがFよりはよいですが気になるほど大きいです。

各管共通孔サイズ

内径歌口1孔2孔3孔4孔5孔6孔
17.3mm13.1mm10mm10mm10mm8mm
Aは7mm
11mm
Aは10.5mm
10mm

 総じて丁寧に作られており、1本1本丁寧に作る気持ちが伝わってきました。
 歌口の中心は節からA(28mm),G(29mm),F(41mm)とたぬ笛の25mm前後より若干管尻よりのようです。
 F管は距離をとりすぎてオクターブ比が下がってしまっているのでしょう。しかし型番から見るに月を追う毎に音程が合ってきているようで熱心に取り組んでいらっしゃる様子が浮かんできます。
 G管をいただいてよいですか?週明けにたぬ笛のG管を送りますね。

|

« 尺八の永井栖鳳氏 | トップページ | 13の月の会のキャンプ(引力) »

コメント

お忙しい所、時間を割いてご講評頂き有難うございました。
測定して頂き、余りのピッチのズレに驚きました。
たぬさんと私の笛を吹く技量の差が余りに大きい事が最大の要因だと感じました。総じて言える事は
1つは、私の吹く息の強さが一定でない事。
2つは、息の強さが弱いのではないか。
3つは、1、2、を改善する事で調律技術の向上が必要。
だと感じました。
今後は、指孔径、歌口位置の改善によりピッチを合わせる事に先ずは心掛けて、更なる名笛作りを目指し精進します。
G管を貰って頂いて光栄です。幸せな笛に成ります様に願っています。有難うございました。

投稿: 岩瀬 | 2005.09.20 23:01

岩瀬さんコメントありがとうございます
上に測定の数値を書いていますが、ぴったり上記になるというほど正確ではないのです。
腹式呼吸で腹筋に力を入れて安定させた時にだいたい上記数値になっています。
私が笛の性能として重視している数値がオクターブ比です。各孔のピッチも重要ですが、オクターブの比率が2.0に近くないとどうしても音が合わないと思っています。1.95以上2.05以下でないと今の私には音のずれを感じてしまいます。笛づくりは耳も演奏技術も自分の感性を試されますよね。
たぬ笛は今9/20の午前中に郵便局に持って行きました。今度はたぬ笛の感想を聞かせてくださいね。

投稿: 竹主喜 | 2005.09.20 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/5985656

この記事へのトラックバック一覧です: 岩瀬様の笛:

« 尺八の永井栖鳳氏 | トップページ | 13の月の会のキャンプ(引力) »