« リシ笛佐倉教室(5) | トップページ | C型ショートビット »

2005.08.21

G-20050821

G-20050821
○型番:G-20050821-1(442Hz -8c(-26c)/30℃/女竹-1節/内径17.3mm/オクターブ比1.98-2.04/指孔標準11mm)
 2週間ぶりです。前回懸案だった鳴りですがどうも竹主喜の唇がずれはじめていたようです。歌口から唇を離し気味にしていて甲音が悪くなっていたようです。毎日の練習で再度アンブシュアをさがして安定させました。

 原点に戻り燻製竹ですが若干音が丸くなっている気はしますが10H程度の時間ではそれほど変わらない気がします。内壁も色がついていますが、断面までは煙がしみこんでいないようですから。
 笛の出来としてはなかなかよいです。指孔もペーパー#2000仕上げにしてきれいになりましたし、指孔全て11mmのおかげでオクターブ比もかなり上出来です。

 ここしばらく笛を作る気力が失せていたのですが、来月妻ともども13の月のキャンプに呼んでもらうことになりそうなのでその時用に作りためる気力が戻ってきました。

|

« リシ笛佐倉教室(5) | トップページ | C型ショートビット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/5570833

この記事へのトラックバック一覧です: G-20050821:

« リシ笛佐倉教室(5) | トップページ | C型ショートビット »