« C-20050710 | トップページ | 竹の燻製(準備編) »

2005.07.16

プロに笛を買っていただいた日

 とうとうカオンさんにA管を買っていただきました!ピッチのバランスはとれているとのことで、+20cになるようかなり高めに調整した管を選んでいただきました。B-MADさん同様(リシ笛に比べ)音色に物足りなさを感じるとアドバイスを受けています。自分でも指孔を大きくしてヌケのよい元気な音だけれど音色のパターンが少なく味わいがない気がします。まだ若いのでしょうねぇ。
 若いながらもプロに持ってもよいと思ってもらえるようになれたのは我ながらうれしいかぎりです。どう円熟させていくか、今後も精進いたします。

 さて今回カオンさんとのやりとりで学ばせていただいたことがあります。
 カオンさんはリシ笛G管を売る時に磐笛で浄化の儀式をされていたことがあります。
 カオンさんに笛をお渡しした時、複数本をそのまま渡したのですが、持ち帰られる時は用意されていたアジアテイストの布に包まれていました。
 お返しいただいた時は半紙で中央部を巻いていただいていました。
 こうした笛1本1本を通して使う方への心づかいがまだ足りていなかったなぁと勉強させていただきました。

 ありがとうございます。

|

« C-20050710 | トップページ | 竹の燻製(準備編) »

コメント

いや~、おめでとうございます!
これでたぬさんも製管師の仲間入りですね~♪
カオンさんの吹くたぬ笛の音色・・・いや~聞いてみたいですね~。

今後は良い竹の調達でしょうか。
11月が楽しみですね。

投稿: まさ | 2005.07.16 14:10

まさどんさんコメントありがとうございます。
もうほんとによい竹欲しいですねぇ。今日リシ笛チイC返送と同時にたぬ笛をみてもらおうと送りました。こちらもどんな感想になるかどきどきです。
まさどんさん日記によると最近は信号待ち時間に笛の練習をしているとか。頭が下がります。今度演奏を聴かせてもらうのが楽しみです。

投稿: 竹主喜 | 2005.07.16 19:29

おめでとうございます。
これからカオンさんのA管の音を聞いて、またたぬ笛の音の感じが変わってくるんでしょうね。
これからが楽しみです。

しかし、磐笛での浄化ですか。
半紙でまいてあるのは笛同士がぶつかるのを避けるためでしょうか?
先日お稽古のときに話されたカオンさんの笛に対する思い・接し方の一例を見たような気がします。ありがとうございます。

ちなみに自分の場合、購入した日に神棚(御札をおいてある飾り棚)に笛を供えてご報告をし、何故か定位置にもなっています^^;

投稿: 中原 陵成 | 2005.07.18 14:09

中原さんへ
 コメントたくさん(!?)ありがとうございます。ココログは夜にアクセスするとやたらと遅いことがありますよね。
 半紙で巻いていたのはお聞きしてはいませんが、笛は1本だけだったので笛同士がぶつからないためというよりはお祝いの一升瓶を半紙でくるむのと同じ意味ではないでしょうか。身が締まる感じがしました。

投稿: 竹主喜 | 2005.07.19 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/4991042

この記事へのトラックバック一覧です: プロに笛を買っていただいた日:

« C-20050710 | トップページ | 竹の燻製(準備編) »