« プロに笛を買っていただいた日 | トップページ | 竹の燻製(燻製中) »

2005.07.16

竹の燻製(準備編)

 スガオカ酋長より7月末本稼働予定だった群馬の窯がいろいろあって無期延期になったと連絡がありました。
残念…。煌燻竹を楽しみにしていたのですが…。それを感じていたのでしょうか、連絡を受ける前夜ふとアウトドアで食品の燻製方法を調べてみました。

※燻製について(進誠産業HP)
 燻製時の温度によって冷燻法(15〜20℃・長時間)、温燻法(30〜80℃・2〜5時間)、熱燻法(90〜140℃・10〜30分)の3つがあるようですが、スモークウッドという燻煙材を固めたいわば巨大な線香が商品化されており簡単に作れるようなのです。

smokewood さっそくスモークウッドを買ってきました。妻の直感でさくらと多く使われるというヒッコリーを選んで来ました。
燻す箱は何と消火器を入れる金属製の箱が\3000と最も安かったです。4時間ぐらいかかるというので明日の昼間に試してみます。

|

« プロに笛を買っていただいた日 | トップページ | 竹の燻製(燻製中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/4995464

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の燻製(準備編):

« プロに笛を買っていただいた日 | トップページ | 竹の燻製(燻製中) »