« A-20050611&20050612 | トップページ | A-20050617 »

2005.06.12

管尻の切り方に小工夫

cutstand
 ふと竹の切り方の工夫を思いつきました。竹をのこぎりで切る時に途中で圧力がかかって切れなくて竹を回すことが多いです。それでは微妙にずれることもあったので、一気に切るためには竹を少し浮かせばよいと気づきました。(今更ですが)ちょうど切れ端の竹の上に乗せてきるとすいすい切れます。
 ちょっとした工夫ですが、幸せになれる工夫が見つかりました。

|

« A-20050611&20050612 | トップページ | A-20050617 »

コメント

竹主喜様
>幸せになれる工夫
いいですね〜!竹主喜さんならではのストレートだけど純粋な気持ちが伝わってきます。さて、私は今リシ笛C管魔笛の嬉しい選択中です。masaどんに聞かれて自分のブログにタヌ笛との違いを感じるままに書いてみました。頂いておきながら…ですがタヌ笛の更なる発展の為の素直な感想です。
私の幸せになれる工夫は何だろう…。

投稿: B-MAD | 2005.06.14 00:40

 B-MADさんコメント遅れてすみません。最近SPAMがあまりに多いのでSPAMフィルタを入れたのですが誤検知でコメント通知のメールを落としてしまっていたようです。おかげで代々木公園も行きそびれてしまいました。残念。
 いいコメントありがとうございました。おかげで次の方向が漠然と見えてきました。

投稿: 竹主喜 | 2005.06.19 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/4526428

この記事へのトラックバック一覧です: 管尻の切り方に小工夫:

« A-20050611&20050612 | トップページ | A-20050617 »