« リシ笛教室(18) | トップページ | 和太鼓かのうやサンキューライブ2005 »

2005.06.21

指孔の焼き

handagote2 今日カオンさんにたぬ笛を少し見ていただいたのですが、「指孔の美しさ」についてアドバイスをいただきました。
指孔をはんだごてで焼き締める際温度が高いといびつに焼けてしまったため、温度を低くしていたのですが、おかげで焼きムラができてしまっていました。また温度を下げてもやはり一部いびつになる場合があり美しさが足りません。
 早速工夫してみましたが、どうもこての温度の問題ではなく径の問題のようです。径が小さいと円周が焼けてしまいいびつになりやすいのです。
 今までのはんだごては径6mmで、手元にあった焼印用のコテを先端を外すと8mmです。こちらで温度高めに試したところ焼きムラ・いびつなく焼けるようです。
 指孔の写真を載せたかったのですが目でみると一目瞭然なのですが写真の腕が足りないのか影とピンぼけな写真しかとれませんでした。

 カオンさんアドバイスありがとうございます。更に品質への精進をいたします。

|

« リシ笛教室(18) | トップページ | 和太鼓かのうやサンキューライブ2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/4651112

この記事へのトラックバック一覧です: 指孔の焼き:

« リシ笛教室(18) | トップページ | 和太鼓かのうやサンキューライブ2005 »