« 管尻の切り方に小工夫 | トップページ | たぬ笛とリシ笛 »

2005.06.17

A-20050617

A-20050617
○型番:A-20050617-1(442Hz -3c(-16c)/25℃/女竹-1節/内径17.0mm/オクターブ比1.97-2.03/指孔標準10mm)
○型番:A-20050617-2(442Hz -5c(-28c)/25℃/女竹-1節/内径14.5mm/オクターブ比1.98-2.04/指孔標準10mm)
 指孔10mm版のA管作成をしました。確かに甲音が少し出やすいようにも思いますがオクターブ比はやはりさがってしまいます。先週に作った指孔10.5mmを吹いてみると内壁のオリーブオイルが乾燥したのか甲音が出やすくなっていました。A管は10.5mmがよいか10mmがよいか微妙です。先生に見てもらう候補が増えました。
 あとは歌口を12mmなのを11.5mmで作ってみるのが次でしょうか。

|

« 管尻の切り方に小工夫 | トップページ | たぬ笛とリシ笛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/4595674

この記事へのトラックバック一覧です: A-20050617:

« 管尻の切り方に小工夫 | トップページ | たぬ笛とリシ笛 »