« 千葉読書普及協会お茶会@天然音楽浴 | トップページ | 指孔の焼き »

2005.06.21

リシ笛教室(18)

今日はkanaさんが不在で3人でのレッスンでした。
一人少ないだけで他の人の音がすごくよく聞こえます。ついでに自分ができてない部分もよく聞こえます。
「コンドルは飛んでいく」はゆっくり演奏して吹ききったという感じで一歩後退というか踊り場というかでした。
それでも練習の最初は音がとびとびだった演奏が30分ほどで音はでるようになりました。
いつもながらカオン先生は練習の最初をイメージトレーニングから初めてリラックスするようにしてくださいます。
大事な笛の時間を過ごせました。

|

« 千葉読書普及協会お茶会@天然音楽浴 | トップページ | 指孔の焼き »

コメント

カオンさんは毎回毎回、技術的な事から一人ひとりの気持ちやイメージを大切にした事まで、アドバイスを下さいますよね。今日の教室は、何となく「ちょっとグレードアップ」して行くのかな〜と感じさせるひと時でした。
タヌさんの「こきりこ伴奏」最初は合ってないんだけど、音を続けてメロディにして行くうちに「あ、合ってるのかもー」と思わせる不思議さがありました。私は手探り状態から早く抜け出して、思いのままに吹ける様になりたいな〜!

投稿: B-MAD | 2005.06.21 23:34

ほんとに今日は「ちょっとグレードアップ」を実感できるレッスンでした。
レッスン中には話す機会がありませんでしたが、こきりこ節なので「ドレミソラ」のみで伴奏すると合うはずだ!と考えました(理論)。伴奏の最初は音の組み合わせを試していたのですが、カオンさんの演奏が聞こえていないので合わせるまで行っていませんでした。後半組み合わせも何となく感じられるようになったので、カオンさんの音についていくつもりで音を出しました(実践)。自分でも最後の2行ぐらいは合い始めたと感じられて楽しかったです。
次回も楽しみです。

その前に週末のかのうやコンサートが楽しみです。

投稿: 竹主喜 | 2005.06.21 23:50

私も入れたのですが「レ」は合わないと実感しました。多分、曲の途中に入っている為、その前後の「ド」や「ミ」との和音が成り立たないせいじゃないでしょうか?(予測)

>その前に週末のかのうやコンサートが楽しみです。
前の竹主喜さんのコメントの「ドレミソラ/ 雅楽 -呂・律旋法」を利用した「ある事」をやります。気が付くと「なるほど〜!」と思いますよ。さてさて、お楽しみに!

投稿: B-MAD | 2005.06.22 00:15

そうですね。確かに思い出してみると最後の伴奏中はレはあまりつかっていなかったようです。
おお「あること」が行われるコンサート楽しみにしています。

投稿: 竹主喜 | 2005.06.22 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/4649954

この記事へのトラックバック一覧です: リシ笛教室(18):

« 千葉読書普及協会お茶会@天然音楽浴 | トップページ | 指孔の焼き »