« C-20050501 | トップページ | 『タケ・ササ図鑑』『竹』 »

2005.05.04

C-20050504

C-20050504
○型番:C-20050504-1( +8c(+29c)/26℃/女竹-1節/内径13.2mm/442Hz/オクターブ比1.96-2.01)
 天気もよく気圧も高く、湿度も低い絶好の笛づくり日よりです。休みにしては早起きしてシニアさん用C管を作りました。竹もC管の太さで最も乾燥していてすっかり黄色になった竹を選びました。内壁は乾燥の証の筋ができています。指孔位置も今までのC管のデータを見ながら推敲を重ねて開けました。今までで最もよい出来のC管になりました。管尻でオクターブ比2.01なので筒音もずれていません。しかも全開音でオクターブ比1.96とかなりいいです。少し高めにチューニングする意図も+8cと思った通りになりました。鳴りもよいです。指孔を押さえている指に竹の振動を感じるぐらいです。今日はもうこれ一つで満足です。

|

« C-20050501 | トップページ | 『タケ・ササ図鑑』『竹』 »

コメント

お~! これは素晴らしい笛ですね~。

ちょっと質問ですが、+8Cと+29Cとありますが、これは筒音でのデータなのでしょうか。

指穴に竹の振動を感じる・・・いや~、これは気持ちのよい瞬間ですよね~♪

投稿: まさどん | 2005.05.04 21:57

まさどんさんへ いつもありがとうございます。
+8cは一?七と1?7の2オクターブ分の全部のセントの平均値です。
(+29c)は14の音の内もっともズレが大きい値です。
今回の全データは下記になります。乙音は少し高めで、甲音が比較的合わせています。四と4の音は右手人差し指が薬指との感覚を少し開けるため若干高めにしています。+29cは四になります。
コメントではタグが使えないので下記の表記はずれています。

七 六 五 四 三 二 一
平均律(Hz) 992 884 788 702 662 590 526
実測(Hz) 1002 892 794 713 669 596 523
ずれ(c) 17% 16% 15% 29% 18% 18% -9%

7 6 5 4 3 2 1
平均律(Hz) 1985 1768 1575 1403 1325 1180 1051
実測(Hz) 1967 1765 1575 1415 1328 1185 1051
ずれ(c) -16% -3% 0% 15% 5% 8% 0%

投稿: 竹主喜 | 2005.05.04 22:08

わ〜〜お!素晴らしいタヌ笛の完成ですね!何だかドキドキします。手に取ったら自分が欲しくなりそう!…イカンイカン、そんな事しちゃ!竹主喜サンの愛情たっぷり注がれたC管。早く会いたい!!きっとシニアのSさんも、これで笛を吹き続ける意欲がわくと思います。ありがとうございました!

投稿: B-MAD | 2005.05.05 00:33

じつは、前々からこういうデータが欲しかったんです。
なるほど~、こういう笛なんですね。
シニアの方向けということで、確かに全体的に高めのチューニングですね。
いや~、貴重なデータを公開して下さって、ありがとうございます。

私はゆくゆくはこのデーターをグラフにして、笛に付けてさし上げようと思っています。

投稿: まさどん | 2005.05.05 07:10

まさどんさんへ
画面左上リンクの「横笛指孔位置計算シート(excel)」のデータを最新データと上記の笛のデータに差し替えました。周波数を含む全データをアップしているので参考にどうぞ。実測はつい息が強めになるようでこれぐらいがちょうどよいかもしれません。

投稿: 竹主喜 | 2005.05.05 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/3976151

この記事へのトラックバック一覧です: C-20050504:

« C-20050501 | トップページ | 『タケ・ササ図鑑』『竹』 »