« リシ笛教室(13) | トップページ | 竹を燻煙乾燥 »

2005.04.05

リシ笛は煤竹?

 リシ笛教室の後でまさどんさん作成の笛を見ていて何がリシ笛と違うのかを喧々囂々していました。
まさどんさんの内壁はかなりつるつるに磨かれていました。まるでそーれーさんが乗り移ったよう…
 一方以前リブレット加工でも書きましたが、リシ笛は内壁に筋があります。しかも改めて気づいたのですがどのリシ笛も内壁が茶色くなっています。ところがまさどんさんの笛もたぬ笛も磨けば内壁は白くなるのです。切り出しから1年半、購入から1年弱で2年半経った竹がありますが、どれも内壁の筋もなければ茶色くもありません。

 内壁が茶色いのは煤竹だけです。そういえばリシさん風呂は薪で焚いていると書いておられたなぁ。
 風呂の薪で生活することで今の時代に珍しいですが煤竹を作っておられるのかも…

 竹主喜も給湯器の排気口に竹を置こうとしましたが、屋外で雨にさらされるしそのままでは熱すぎて竹が割れそうですし、下手すると火事になりかねません。何とかうまい手を考えます。

|

« リシ笛教室(13) | トップページ | 竹を燻煙乾燥 »

コメント

昨日はありがとうございました。

まぁ竹のことはすぐにはどうにもならないですよね。
本当は囲炉裏のある家で天井に竹を100本位転がしておけると良いのですけどね~。
仕事をリタイアしたら田舎暮らしするかなぁ~。
そこでのんびり笛づくり・・・ははは、いいですね~。
今は囲炉裏は無理だからせめて火鉢ぐらい置こうかな・・・。

投稿: まさどん | 2005.04.06 08:54

田舎ぐらしあこがれますねぇ。実際にはじめると大変なのでしょうが…先日テレビで富良野で電気ガス水道なしで生活している人のレポートをしていました。朝から晩まで毎日体を動かして健康で楽しいですとのこと。
とはいえ求めれば与えられん。考えて試してみます。

投稿: 竹主喜 | 2005.04.06 10:03

たぬサン、召還有り難ネ~!!!!♪♪♪♪♪♪

イヤ~、ハハハハ、リシ笛内壁の茶色はネ~、ホラ、リシは皆より余計に焼ゴテ使うデショ!!?? デ煤だかコゲだかが沢山出るワケよ、ソレが拭い切れずに付いてシマッタのが茶色ナノヨ・・・・!!!!♪♪ (いや~ホント、安易な答えでご期待に添えずゴメンよ・・・!!!??苦笑) 特に冬場は試し吹きでも結露シマクッチャウから・・・(笑) ブラシ何本取っ替えても直ぐにドロドロにナッチャウからネ~、白竹ノままデハ居られ無いノヨ・・・!!!♪♪♪♪♪

シッカシ皆ホントに色々な事考え出すモンだ!!!!♪♪♪♪♪ゲラゲラ、スンゴイね!!!!♪♪♪♪♪ しかし改めて考えて見れば、煤竹も煤自体は表面に乗っかってるダケだ、(竹の肉質もマ~経年劣化してルから、アノ独特の音質に関与して居るカモ知れないガ・・・)、表面を煤が覆って居る事が何か音にも関係してる可能性は在るカモね!!!??♪♪♪♪

イヤでもリシは内面の状態は、要するに何か風の通りを邪魔する障害物が在って鳴りソノモノを阻害するトカ、バリ等が風を切って風切り音等の高音成分を付け加えるトカ、の効果影響は在っても、音色の質と言うか性格自体を左右する事は無いと考えるヨ!!!♪♪♪♪ 逆に表面、皮の部分は、直接波動を生み出す、スピーカーで言えば振動膜部と考えてルから、音色を根本的に形造る場所と捉えてルヨ!!!!♪♪♪♪♪ 磨けば準じて艶在る、或いは透明な澄んだ音色に、全然磨いて無ければ荒削りな無骨な音色に成るト想う!!!♪♪♪

息で先ず振動させられる歌口のエッジは、レコード版の刻みに振動させられるターンテーブルの針カネ!!!???♪♪♪♪♪(笑) プリアンプもパワーアンプも笛の設計&自分の体の状態(色んなトコロの力の入り具合トカ)ノ両方ダ!!!!♪♪♪♪♪♪ (子供の頃リシはオーディオマニアだったノヨ・・・・、ゲラゲラ!!!!♪♪♪♪♪)

皆の笛とリシ笛の最大の違いは”竹の干した年数”カモね!!!!♪♪♪♪♪ゲラゲラゲラ!!!!!!♪♪♪♪♪♪ 乾燥加減でカ~ナリ鳴りも音色も変わって来るハズよ!!!♪♪♪♪ しかしモ~ね、コレばっかは直ぐにはド~仕様も無いカラね~(涙!!!)、今の内にシコタマ(笑) 貯め込んで置くシカ無いッスよ!!!!!♪♪♪♪ 幾ら腕を上げても竹が付いて来なきゃイ~笛は造れ無い・・・・!!!!!♪♪ 最終的には竹が全て・・・・、ヨ!!!!!♪♪(苦笑) リシもイイ加減チャント計算ヅクで毎年コマメに取らないト・・・・!!!!!♪♪(トホホ・・・!!!)

トコロでカオンの放送は聴けた!!!??? リシんチは山奥デ・・・・(涙!!!) 実家ニャ~ゴヤではソンナ番組は無かったトサ・・・・!!!(トホホ・・・・!!! 仙台の子が「どうやらうちの地域は 夜しか AM入らないようで、聞けませんデシタ↓↓↓(*_*)は~悲しい…」ッテ・・・・!!!号泣!!!!!♪) 誰か様子を教えてチョ!!!!!!♪♪♪

投稿: リシ♪ | 2005.04.06 23:20

リシさんお答えありがとうございます。
焼きごての煤ですか。まあ煤竹にしていたら表面や断面にもっと影響がでるはずですね。
やっぱり乾燥ですか…。
その前に表面の磨きも関係するとおっしゃるし少し磨いてみようかしら。
それと火事にならないように薫製の機材を手に入れて給湯器の熱風を吹き込んで竹の乾燥をさせようと画策中。

カオンさんの放送は結局聞けず…。残念無念。

投稿: 竹主喜 | 2005.04.06 23:49

カオン放送はリシもズット気に成って・・・・(苦笑) ソワソワしとったケド、さっき漸くカオンと連絡が取れて・・・!!!!♪♪♪♪♪

「楽しかったよ!
やっぱり6分間はあっという間だったけど、「リシ笛」の簡単な説明をしたよ!
即興や、テリー伊藤さんから「巨人軍の応援歌」をリクエストいただき演奏しました。

MDを送ってくださるとのことなので、ダビングして送りますね。
ちょっと時間がかかるらしいのでお待ちあれ!
ありがとうございます」

トノ事っすヨ!!!!♪♪♪♪♪♪ イヤ~良かったヨカッタ・・・・!!!!♪♪♪♪♪♪♪ (コレでユックリ寝れる!!!!♪♪♪♪♪♪ゲラゲラ!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪)

投稿: リシ♪ | 2005.04.07 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/3579565

この記事へのトラックバック一覧です: リシ笛は煤竹?:

« リシ笛教室(13) | トップページ | 竹を燻煙乾燥 »