« B-MADさんに進呈したG管が割れました | トップページ | リシ笛は煤竹? »

2005.04.05

リシ笛教室(13)

生徒5名は変わりませんが、期が変わりました。

 「笛でトーク」セッションを新しいルールでやりました。ド・ミ・ソの音を中心にセッションし、次いでレ・ファ・ラの音を中心にセッションしました。これって昔々音楽の時間に習った和音のことですね。
 たぬは小学校の頃ドミソ・ドファラ・シレソの和音がどうしても聞き分けられなくて自分に音楽の能力はない…と苦手意識をもってしまいました。しかし今日の流れだとドミソどうしは音が合う=合奏ができるし、楽しい雰囲気になることが分かります。和音の意味が体で実感できました。
 こんな授業なら音楽が好きになっただろうに…いえいえ昔のことより今出会えてよかったと思います。

 カオン先生いい授業(!?)ありがとうございます。

|

« B-MADさんに進呈したG管が割れました | トップページ | リシ笛は煤竹? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/3579084

この記事へのトラックバック一覧です: リシ笛教室(13):

« B-MADさんに進呈したG管が割れました | トップページ | リシ笛は煤竹? »