« 歌口のショルダーカット | トップページ | そーれーさんと笛談義 »

2005.03.06

A-20050306

A-20050306
○型番:A-20050306-1( -9c(-28c)/20℃/女竹-1節/内径15.0mm/440Hz/オクターブ比1.97-2.03)
 ※リノキシン塗布 -リノキシン+オリーブオイルにする予定
○型番:A-20050306-2( -3c(-26c)/20℃/女竹-1節/内径14.5mm/440Hz/オクターブ比1.97-2.01)
 ※無塗布 -オリーブオイルにする予定
○型番:A-20050306-3(-14c(-40c)/20℃/女竹-1節/内径14.0mm/440Hz/オクターブ比1.99-2.05)
 ※リノキシン塗布 -リノキシンにする予定

 リノキシン塗布とオリーブオイル塗布の比較のために3本作りました。
 管尻と管頭に塗ると竹の導管がきれいに見えるようです。3本とも管頭と管尻ににはリノキシンを塗っています。
 また3本とも歌口のアンダー・ショルダーカット、内壁の#1500磨きをしています。
 リノキシンは[塗る]+[拭く]-30分乾燥-[塗る]+[拭く]とリノキシンの説明書の通り行っています。後は1週間後が楽しみです。マニュアル通りなら1週間後に耐水ぺーパで水をつけながら磨き、もう一回上塗りをするのだそうですが、固まった状態で吹き心地に違いができるか試してみます。

|

« 歌口のショルダーカット | トップページ | そーれーさんと笛談義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/3195865

この記事へのトラックバック一覧です: A-20050306:

« 歌口のショルダーカット | トップページ | そーれーさんと笛談義 »