« 指孔仕上げをミクロで見ると | トップページ | 内壁のオイル塗装 »

2005.02.26

内壁x60倍研磨写真

 竹内壁のx60倍顕微鏡写真を磨き度合い別に撮りました。
naihekiorgx60 女竹そのままでまだ磨いていません。肉眼でも竹の皮が一杯ついています。

naihekispgx60 硬質スポンジをハンガーをのばした先につけて掃除した直後です。大ものは取れていますが若干白い皮が残っています。

naiheki60x60 竹の皮がとりやすいのと目がつまらないので#60のペーパーを頑固な管頭の皮の除去に使っていましたが、#60では傷が入ってしまうようです。これはいかん…管の内側でよく見えていなかった。

naiheki1500x60 #800,#1500を使うときれいになります。目で見ても平面になっているのが分かります。ただ写真のものは1.5cmx1cmの竹片なので磨きやすいのですが管の内部は難しいですね。力が伝わりにくいこともあり笛の作業の時は#800ぐらいがよいのかもしれません。

 それとこれまでたぬ笛は柿渋を塗っていました。吹きに違いがでるほどの差ではないようですが、内壁の均質さを損ねていたような気がします。柿渋は一旦停止して内壁に何か塗るのか塗らないのか研究に入りたいと思います。
 

|

« 指孔仕上げをミクロで見ると | トップページ | 内壁のオイル塗装 »

コメント

内壁の磨きは重要なんでしょうね~。
内壁の厚みを少し削った方が良いだろうと思ったんですけど、これがなかなか作業しづらいですよね。
自然の竹を相手にとても均一には削れないので、さっさと諦めちゃいました。
でも、内壁面の平滑度を上げると音にどういう変化が出るのか・・・興味津々。

内側に何かを塗るべきか、あるいはリシさんのように何も塗らないのが良いのか?
これも面白い課題ですね。
ははは・・・いや~、色々あって楽しすぎますね~♪

投稿: masa | 2005.02.26 23:59

まさどんさんこんばんわ

 内壁の平滑度ですが、当然ながら硬質スポンジで竹の皮をとると劇的に吹きやすくなります。取らないと吹きづらいというか…。その先は#800も#1500もあんまり音色や吹き心地の変化を竹主喜は感じられません。ただ少なくとも平滑にしないと汚れやすいのは確かですし、もし塗るとしたら乗りが悪いので少なくとも#800-#1500ぐらいに磨くのが必須だと今日感じました。

 内側に塗るべきか?何を塗るべきかについていいページを見つけたので後でアップします。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.27 00:17

 外壁の磨き,塗装サンプルを作ってみました。目白のオリーブオイルと一緒に明日持っていきますね。 おっと マイ バ~ンスリ~も(^^

投稿: そーれー | 2005.02.27 01:52

そーれーさん

 風邪とのこと。一日ご自愛くだしあ。ホントに今年の風邪は長引きますから。
 ところで目白のオリーブオイルですが、味や香りはどうでしょうか?笛に塗るには風味や味がない精製オリーブオイルの方がよいそうなので…
 また次回を楽しみにしています。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.27 11:02

>竹内側の皮をとると劇的に吹きやすくなります。取らないと吹きづらいというか…。

これは、ぼくも経験しました。とくにヒラヒラとめくれかかってるような薄皮は必ず取らないとだめでした。

投稿: hiraoka | 2005.02.27 23:07

hiraokaさん、竹の皮取りによる向上も経験されているのですね。やはりぜひ一度お話をお伺いしたいです。機会を見つけてお願いします。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.28 01:37

>機会を見つけてお願いします。

はい、ぼくもいつかみなさんにお会いしたいです。でも、とうぶん無理のような・・・。
ぼくは下関のショッピング・センターのなかにお店を出している個人営業者でして、正式なお休みは年間4日しかないんです。
そのうえ仕事はハードで長時間労働、これで儲かっているなら文句は言えないのですが・・・。
 まさに現代の奴隷みたいなものです。

笛にのめりこんだのも、ぼくの生活環境と関係あると思います。こんなところも、竹主喜さんと似てるような気がします。

投稿: hiraoka | 2005.03.01 00:09

>正式なお休みは年間4日しかないんです
 !!!そうなんですか!!!そんな中でいろいろ笛作りまで実践されていてすばらしいことですね。道のりは遠いですがその日を楽しみにこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: 竹主喜 | 2005.03.01 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/3087277

この記事へのトラックバック一覧です: 内壁x60倍研磨写真:

« 指孔仕上げをミクロで見ると | トップページ | 内壁のオイル塗装 »