« こんな日に… | トップページ | 不思議な夢… »

2005.02.22

たぬ笛を快適に吹ける気温

リシさんがコメントで書いてくださった
>シカシ冬の間は寒い屋外じゃ〜、笛が直ぐ湿っチャッテ全然鳴ら無くて演奏出来無いカラ
が気になって調べてみました。
元の歌が分からないのですが、確か平安の歌にも「袖濡らす 笛の露…」というのがあった気がします。
竹主喜が冬の屋外で篠笛の練習をしていてほとんど1曲ごとに笛の露がしたたったことがありました。
これは息の中の水分が結露していると思われます。リシ笛やたぬ笛のように内壁を塗装していないと結露すなわち水分を含んでしまって吹きにくくなるのでしょう。では結露しない気温をおおざっぱに計算してました。

 呼気の35℃/湿度100%ですが、笛を吹く時に50-70%の空気と混合されます。仮に混合の結果が20℃ 湿度60-80%になるとして計算します。
 20℃の飽和水蒸気量(湿度100%で1m3に含まれる水分量)は17.3gです。湿度60-80%なので、10.4-13.8gです。15℃の飽和水蒸気量が12.8gなのでおおざっぱに言って12-16℃ぐらいで結露しそうです。
 15℃以下で演奏は避けた方がよさそうですね。そんな気温では指がかじかんでしまいそうですが。

|

« こんな日に… | トップページ | 不思議な夢… »

コメント

>平安の歌にも「袖濡らす 笛の露…」というのがあった気がします。
ほう~、風流ですねえ。その歌の詳細をちょっと知りたいですね。

おそらく、その笛は内側を漆塗りでもしていたんでしょうね。
寒い時は、最初の音程がかなり低くなりますね。すぐに落ち着くのですが、息で笛が暖められるんでしょうね。

ぼくの妻の発案なのですが、椿あぶらを笛の内外に塗っておくと云うのは、どうでしょうか。
椿あぶらはクルミあぶらよりも手に入り易いですし、
他の用度にも重宝しますし、工具の手入れにもよいです。

インドからバーンスリーを持ち帰ったばかりのたろうさんは、一番気に入ったG管(上から3番目がG)が、
リハーサル中にひびが入ったそうです。唄口の裏側です。
おそらく、インドと日本の気候の違いによるもので、急に吹き続けると唄口の所だけ膨張するんでしょうね。

ハリジーも日本で演奏中に笛が割れたことがあるようです。
そばにいる人には、ピシッと云う音が聞こえてあわてたんだそうですが、そのまま最後まで吹き続けたそうです。
こうなると、パガニーニの伝説や五島みどりのお話みたいですね。

管内に椿油を塗っておけば、こういうことはかなり防げるんではないかと思うのですが・・・。

投稿: hiraoka | 2005.02.23 05:24

ソウソウ!!♪♪ リシの体感でも12~16°位ヨ!!!!♪♪♪♪♪ サ~スガ!!!!!♪♪♪♪♪

ま~ソンナ気温でも1曲終わる度に中の水気を拭き取ってヤレば、マ~1日ナントカ保つコトはモツんダケド(苦笑) ソンナ事を1日中3~5分置きにヤッテルと気が狂いソ~にナルんデ・・・・!!!! やっぱリシ笛は冬季は道売り休みッス・・・!! (ホントに塗ったバージョン造ろうカナ~・・・!!!???)

気温はマイナス5度位迄ナラ(笑) ”指の先ダケ落とした軍手”で大丈夫!!!!♪♪♪ゲラゲラ!!!!♪♪♪♪♪ (なるたけギリギリ迄残すノがコツ!!!♪♪♪♪ ホンの数ミリでダイブ違う・・・!!!!♪♪♪) マフラーは顎引っ掛かって(苦笑) 吹くのに邪魔ダカラ巻け無いケド、シャツも上着も襟立てて!!♪(笑) 毛糸の帽子を耳まで被って(手編みジャ無いと効果半減・・・!!!♪)、靴下厚いノと薄いノと2重にして、ズボン下をスンゴイ暖かいノ履けば、指先までも熱せラレテ・・・(爆笑!!!♪) コレでリシは標高750mでも快適に冬中仕事出来たヨ!!!♪♪♪♪V!!!♪ (慣れれば全く気にナラナイ・・・・!!!!♪♪♪ 人間の適応能力はスゴイっす!!!!!♪♪♪)

投稿: リシ♪ | 2005.02.23 10:27

おお朝になると山のような書き込みが!うれしいです。

>>平安の歌にも「袖濡らす 笛の露…」というのがあった気がします。
>ほう\x{ff5e}、風流ですねえ。その歌の詳細をちょっと知りたいですね。
 Googleで検索しても出てこないんです。記憶違いかなぁ。

>そばにいる人には、ピシッと云う音が聞こえてあわてたんだそうですが
 以前吹いている最中に割れました。当人にはこの世の終わりかと思うぐらいの音がしました。そのまま吹き続けるとはさすが人間国宝(インドにあったかな?)。

>気温はマイナス5度位迄ナラ(笑) ”指の先ダケ落とした軍手”で大丈夫
 妻から指先のない手袋を練習用に巻き上げました。でも竹主喜は適応していないのか寒いです。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.23 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/3033300

この記事へのトラックバック一覧です: たぬ笛を快適に吹ける気温:

« こんな日に… | トップページ | 不思議な夢… »