« 端補正係数の検討 | トップページ | リシ笛教室(9) »

2005.02.13

G-20050213

 今日はフリマ用G管のストック作成であり、端補正係数の検証を行いました。微調整は必要ですが、ほぼ計算通りに端補正係数をあてはめてよいようです。今回分かったことをまとめます。

○指孔は大きい方が笛の性能(オクターブ比)がよい
 指孔が小さいと指孔は小さくしたサイズ以上に管頭に寄せる必要があります。
 指孔は管頭に近いほどオクターブ比が下がります。
 つまり甲音に合わせると乙音が外れる度合いが大きく、笛の音程性能が下がるのです。
○指孔のサイズを変えることで音程通りにつくるには指が届きにくい場合に対応できる
 下の(3)の笛で実験しましたが、6孔を小指ではなく薬指で押さえやすくするために、5孔によせるために、6孔を0.5mm小さくしました。その結果2mmほどよせることができました。

G-20050213
○型番:G-20050213-1(-11c(-28c)/21℃/女竹-1節/内径17.4mm/442Hz/オクターブ比1.99-2.04)
 指孔は11mmです。オクターブ比は1.99〜2.04と最高の性能になりました。
 また竹主喜の指は細い方ですが、6孔を小指で押さえられるので可能なら指孔は大きい方がよいです。

○型番:G-20050213-2(-4c(-44c)/21℃/女竹-1節/内径16.0mm/442Hz/オクターブ比1.97-2.05)
 指孔10mmで作りました。これが一番バランスがよいでしょうか。しかし確かにG管はオクターブ比がF管と比べると計算値より0.5ほど低めにする必要がありました。これがリシさんがいう「G管は特別扱い」?…

○型番:G-20050213-3(0c(-40c)/21℃/女竹-1節/内径16.2mm/442Hz/オクターブ比1.95-2.06)
 指の細い方向けに指孔9.5mmで作りました。オクターブ比1.95にするにはG管では9.5mmが限界のようです。
 6孔は上記の通り0.5mm小さく9mmです。
 この笛は左利き用に歌口が竹の顔の-120度で作りました。(右利き用は竹の顔の+120度)。
 
 今回のネタは大きい!これで音程を保ったままでかなり指孔の位置の自由度が高まりました。

|

« 端補正係数の検討 | トップページ | リシ笛教室(9) »

コメント

 奥様のために指孔の小さい笛を作ろうとされて,すんごい発見を
された。。。。。。  しのさ?ん。いよっ 内助の功,華岡青洲の妻!

投稿: そーれー | 2005.02.13 21:14

…やっぱり彼女の掌で踊っているなぁ

投稿: 竹主喜 | 2005.02.13 21:36

いえいえ、小さい指穴はだめなんだぁ・・・と嘆くことも出来たのですが、
そこは研究熱心なたぬさん、転んでもただでは起きあがらない。
こういうちょっとしたことでもヒントに出来るのは才能だと思いますよ~。
いつも楽しませてもらってます。
ありがとうございます。

投稿: まさどん | 2005.02.13 22:24

まさどんさんありがとうございます。
先ほどたぬ笛ダイジェストを更新していたのですが、記事を書き出したのが2004/06。半年前なのですが、半年とは思えない濃さです。確かにたぬは仕事柄、少しのきざしから(障害の)原因を発見し対応することが得意ではありますが、やはり常ならぬことに感じます。何か世の中に癒しの笛が必要とされて背中を押されている気がします。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.13 23:22

きっとそうなんですね。
それもたぬさん一人が作るのではなくって、多くの人があちこちで作り出す時代になるのでしょう。
そのカッティングエッヂというわけですね。
吹く人も多くなるでしょうから、大勢で作らないと足りないですものね。
そんな時代を楽しみに、笛三昧・・・いや~、幸せですよね~。

投稿: まさどん | 2005.02.13 23:38

最近の竹主喜のスローガンは「音楽を取り戻そう」かな。音楽は演奏も楽器を作ることもです。一人で完結して作れる楽器は笛が一番だそうです。
きっと多くの人がそれぞれの癒しの笛を作るのでは。今はフリマ前で全精力を笛作りに注いで週6-8本ぐらいです。世の中の多くの人がふれるには笛を作る人数がいないと手作りではそれほど数を作れまないでしょうから。
B-MADさんではないですが、すると今度は演奏する人、教える人がでてくるのでしょう。きっと裾野が広がればリシ笛を求める人も増えるでしょうし。

最近手にすっかり竹の香りがしみついているたぬでした。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.14 00:31

オホホ、たぬサン、チャレンジャーだネ~!!!!♪♪♪(笑)

G管チョット太めなのに9.5mmトハ・・・、凄いネ!!!♪♪♪♪♪ リシは今回管尻内径13.5×13mm迄造ったケド、9.5ダト何だかヤッパ吹き辛くて・・・・、(笑 元々リシは細身が苦手ダシね・・・!♪苦笑 吹いててドーニモ窮屈ナンデ、セメテ指孔ダケはト・・・)、音階無視して10mm迄広げてシマッタ・・・!!!♪♪ゲラゲラ!!!!♪♪♪♪♪ マ~指細い人にはホント、9.5位を造って上げたいトコロだが、ナカナカ難しいネ・・・!!!♪

投稿: リシ♪ | 2005.02.14 15:18

リシさんこんにちわ!!
孔の細いの所望したのは妻なのですが、いくつか候補を渡すと8.5mmがよいというのです。虎竹で何本か8.5mmで作って音がずれまくりあきらめました。まあ9.5mmで勘弁してもらおうと…。たぬも指孔11mmとか10.5mmの方が好みなのですが、9.5mmにして一番外れている音(筒音乙音)で-40c、オクターブ比1.95-2.06なのでまあ何とかずれていないといえるかと。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.14 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/2913740

この記事へのトラックバック一覧です: G-20050213:

« 端補正係数の検討 | トップページ | リシ笛教室(9) »