« C-20050129 | トップページ | リシ笛教室(8) »

2005.01.30

笛三昧の一日

今週末は笛の予定が1日に2つも入った笛三昧の一日でした。
 11時から篠笛の会の初の拡張練習日。拡張練習では先生作曲のオリジナル曲を篠笛だけではなく竹の打楽器まで入れてオーケストラにしようとする練習です。竹主喜は先生オリジナルの竹ドラム(?)という打楽器パートを担当しました。打楽器なのだけれど音階があるので木琴の仲間と言えるでしょうか。直径30cmはあろうかという竹に切り込みを入れて音階を作っている独特の形です。しかし打楽器初経験でちっとも正しくリズムが刻めません。難しいなぁ。
デジカメを持って行かなかったのは痛恨です。次の機会には写真に収めたいと思います。
 夕方からはこれまた初めての天然音楽浴でのリシ笛教室。新宿のリシ笛教室が平日で来られないことを残念に思っていたまさどんさん、そーれーさん、S子さん、そして全くの新顔の方も参加されました。あっという間の1時間半でした。リシ笛教室の名物「笛でトーク」もやはりよかったです。終わった後みんなで食事をして帰途につきました。

|

« C-20050129 | トップページ | リシ笛教室(8) »

コメント

 たぬさん 皆さん 昨日はお疲れさまでした。
 また良い一日を過ごさせていただきました。
 たぬさんにはG管を持てない娘にC管をいただきましてありがとう
ございました。非常に喜んで,母親に笛の袋を作ってもらいたいと
言っております。(しかし帰ってからつまんないことで大喧嘩。やれやれ)
 また送迎までしていただいてありがたいことです。車内の笛の話など
何でもないようなことで心を大変リラックスさせていただいてます。

 カオンさんにはレッスンだけでなくお食事・お酒までいただきまして
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
 笛の会話,話に聞いておりましたが面白いですね。カオンさんも
こちらに(単に音だけでなく)あわせていただきましてこちらの吹きたい
フレーズ(ここでは心の言葉でしょうか)を引き出していただいてました
ような感じで。

 B-MADさんも,パーカッショニスト(和太鼓)がよそのパーカッショニスト
のお宅にうかがったらこうなるというのを全く想像通りの行動で表して
見てて嬉しくなってしまいます。マタタビ貯蔵庫に迷い込んだ猫という
感じでした。

 レッスン1時間半,お茶・お話し・お食事・お酒で4時間。こういうことが
月に一度あるかと思うと楽しみになります。
 またよろしくお願いします。

投稿: そーれー | 2005.01.31 09:07

そーれーさんお疲れ様です
S嬢はG管には手が届かないということだったので、合奏も考えるとC管があった方がよいかなと用意していましたが、ぴったりはまってよかったです。本当はお父さんの手作りの笛の方がよいのでしょうが…

これからもよろしくお願いします。

投稿: 竹主喜 | 2005.01.31 10:39

竹主喜様
帰り、送って頂いてありがとうございました。たぬさんが送ってくれなければ皆、あんなにゆっくりと話したり食べたり出来なかったですよ。2往復すみません。竹林の中でのリシ笛の音色に何とも言えない感覚…(体が沈んでいく…とは違うし脱力…う〜ん、ウマく言えないですが)になりました。初めてです。

そーれー様
>B-MADさんも,パーカッショニスト(和太鼓)がよそのパーカッショニストのお宅にうかがったらこうなる
…私とプロのパーカッショニストのいつろうサンを同等に並べては、いけませんよ。次元が全然違うと思いますー。…それにしても興味津々。いつまでもアソコにいたかった!

次回からも無理なく、自然に、楽しくやっていけたら嬉しいですね!そして、リシ笛を手にしてから出会った皆さんに言うぞ〜〜!『大好きーー!!』

投稿: B-MAD | 2005.02.01 08:40

いや~、本当にありがとうございます!皆さん上手なんでビックリしました。
頑張って練習しなくっちゃ~☆

これでようやく直弟子になれたし・・・
兄弟子、姉弟子の皆様、これからもどうぞよろしゅうにお願い致します。

投稿: まさ | 2005.02.01 09:00

みなさんお疲れ様です。多分これを見ているであろうKさんもお疲れ様です。
まさどんさんの笛の音を初めて聞きましたが、始めてまだ3ヶ月にもなっていませんよね。よい音がしていて吹き込んでいるのがよく分かりました。
B-MADさんのHappyHappi!を直で初めて聞かせてもらいましたが、カオン先生もおっしゃるように笛の音が優しく透るようになった気がしました。自分の作った笛ながらこんないい音がするのだと堪能させていただきました。
笛でトークのそーれーさんのメリカリ・半月を使う音色も味がありました。
 S嬢もKさんも音がこれからだけにある程度音がでるようになった人より一生懸命が伝わってきて、心を新たにさせられました。
 笛は1本1本同じように作っても音が違いますが、さらに吹く人によって音色が違うのでおもしろいですね。笛は息=生きを表す楽器なのだと改めて実感しました。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 竹主喜 | 2005.02.01 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/2750711

この記事へのトラックバック一覧です: 笛三昧の一日:

« C-20050129 | トップページ | リシ笛教室(8) »