« 節こぶと鳴り -妻の研究 | トップページ | Begin 2005年3月号 »

2005.01.16

C-20050116

○型番:C-20050116-1(C+11c/20℃/女竹-1節/内径14.0mm/442Hz/オクターブ比1.95-2.00)
○型番:C-20050116-2(C+1c /20℃/女竹-1節/内径12.9mm/442Hz/オクターブ比1.94-2.00)
○型番:C-20050116-3(C-16c/20℃/女竹-1節/内径13.7mm/442Hz/オクターブ比1.92-2.00)
G-20050116-fushiG-20050116
 今日も雨。しかも気圧は995hPaと低くてやっぱり笛は吹きにくかったです。
 しかしそんな中管3本作りました。昨日の節こぶの大きさと音の明るさの関係を調べました。
 C管を選んだのは1/18にB-MADさんにG管を渡すのですが、それはリシ笛G管と合奏がしたいからとか。しかしすでにたぬ笛C管を1本お渡ししていて高い音での合奏ならC管がもう1本あった方がよいかもしれないと思ってのことです。
 3本作ってみてやはり節こぶが大きいと高い音が明るい音になるようです。節こぶの大きさは鳴りというよりは音の質の違いになるようなので、あった方がよいかどうかは好みかもしれません。

 それとC管では調律もさることながら式の通りに作ると4と5孔の間隔が狭くて押さえにくいです。1は指孔9mm、2,3は指孔8mmにしました。3は4孔を1mm歌口に、5孔を2mm管尻に動かしました。3は調律からいうとずれが大きくなっているのですが、C管ぐらいだと息の強さである程度調整できるので演奏のしやすさを優先した方がよいかもしれないと思いました。

|

« 節こぶと鳴り -妻の研究 | トップページ | Begin 2005年3月号 »

コメント

竹主喜様
今日はお言葉に甘えてG管&C管と2本も頂いてしまいました。帰ってから少し吹きました。あんまり大きな音は出せなかったのですが、とてもいい感じです。これで、両方で二重奏が可能です。後は練習あるのみ!フリマの時は「売り子」でも「呼び込み笛」でもやりますので言って下さい。本当にありがとうございました。(m__m)

投稿: B-MAD | 2005.01.18 23:45

B-MADさんいらっしゃい
演奏で使われているたぬ笛を見る日を楽しみにしています。4月のライブが日程が合えばよいなぁと楽しみにしています。

投稿: 竹主喜 | 2005.01.18 23:59

>竹主喜様
4月のライブは確実となったらカオンさんも出演して頂くので「たぬ笛」のお礼に竹主喜さんはフリーパスとさせて頂きます。お待ちしています…と、その前に練習だぁ!

投稿: B-MAD | 2005.01.19 23:04

B-MADさんへ
4月のご招待ありがとうございます。フリマも鋭意調査中です。結構やる気になっています。

投稿: 竹主喜 | 2005.01.19 23:34

竹主喜様
フリマ、人ごとなのにワクワクしちゃうのは何ででしょ!?『売る物』も軽量だし、いいですね〜!しのサンに素敵なキャッチフレーズを考えて頂いて…POPは必要ならば作りますよー!

投稿: B-MAD | 2005.01.20 00:59

竹主喜様
C管、いい調子です!昨日も吹いて来ました!(masaどんのBBSからすでに見られた様ですが)私は「作る」事は全く出来ないので本当に有り難いです。音の通りがクリアだし伸びるし、とっても気に入ってます。いつか是非、目の前で見て下さいネ。メンバー皆、『へえー!コレがたぬ笛!?』『凄いね〜!』と感心していました。これからも、試作品etc…等、たぬ笛が売れっ子になっても、宜しくお願いいたしますー!

投稿: B-MAD | 2005.01.24 07:56

B-MADさん感謝感激雨あられです
まさどんのBBSで見せて頂きましたがやはり話に聞くのとビデオで見るのは大違いでした。実際に見るのは更に大違いでしょう。次の機会を首を長くしています。これを機会にたぬが出張録音トライに出かけてステージを待たず聞かせてもらうのもありがたいかも。

デジカメのビデオでも音量が大きく音色が透っていることが感じられました。それこそたぬはあんな(もこんなも)演奏はできませんので作者冥利に尽きます。

これを機会にどしどし要望くださいね。

投稿: 竹主喜 | 2005.01.24 10:13

B-MADさん、昨日はお疲れさまでした。
たぬさん、サーバーの件お気遣いいただいてありがとうございます。
で、本当はもっと長くて歌の途中まで入ってるんです。
夜にでもファイルを送りますので、よろしくお願いいたします。

で、音ですが・・・良いですね〜!
僕のところやつはこんな音が出なかったので、これは笛のせいかと・・・でも、
B-MADさんの笛吹かせてもらっても、あんな音は出ませんでした。
やっぱり・・・ねぇ。
いい音出せるようになんなきゃね〜。
おかげさまで楽しい毎日でございます。
ありがとうございます。

投稿: masa | 2005.01.24 13:48

音はよいですか…実際に聞きたいですねぇ。
たぬ笛で手元に残しているC管が1本だけあります。これはカオンさんに一瞬吹いてもらったのですが、この世のものとは思えない天上の音が…。吹く人によるんだなぁと実感しました。
凡人はつい笛のせいにしたくなります。いい笛ができないと思っていたら作る側の気持ちが荒れていて悪い音しか吹けなかったりします。古代の人が笛は息=イキ=生きを吹き込む神聖なものと考えてたのが分かってきます。

投稿: 竹主喜 | 2005.01.24 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/2592239

この記事へのトラックバック一覧です: C-20050116:

« 節こぶと鳴り -妻の研究 | トップページ | Begin 2005年3月号 »