« 半月と音色 -竹横笛の可能性 | トップページ | 2004年風音忘年会とCD作成 »

2004.12.17

パソコンでサウンドファイルの加工

竹主喜の笛の先生であるカオンさんのHP(天然音楽浴)のCDコーナーに試聴をつけるお手伝いをしました。CD 1枚から1曲ずつ選んで約1分の試聴版を作るのです。グリーンスリーブスとアメージンググレース、おいよ才兵衛、三尊わらべ唄です。才兵衛と三尊はつい今し方送ったのでこれから反映です。

今回は音源がCDですが特に機材を用意しなくてもサウンドの加工をPCでするだけでそれなりのものになります。

1) CDからwavファイルを取得する
左の道具リンクに挙げている「CDex」を使います。CDからデータを取得するソフトはいくつかありますが、mp3,wma,wav等を単体で(複数ソフトインストール不要で)取得変換できるためこれが一番便利と思っています。
CDを入れてCDexを起動し、wavファイルができたらOKです。

2) wavファイルをSoundEngine Freeで加工する
このソフトはホントにフリーウェアかというぐらい優れています。今回は[編集]→[フェード]→[フェードアウト]で約1分付近でフェードアウト加工を行い残りをカットするために使いました。
この作業も画面を見て波形をみて音を聞きながらフェードする箇所を選ぶだけで簡単です。
ちなみにCDが違えば音の大きさのレベルが違うことがよくあります。しかし同じ画面で試聴をするのですからできたら音の大きさも揃えたいところです。[音量]→[オートマキシマイズ]→[ライブラリ]で-17db(ピアノ)等を選ぶだけで同じ大きさに揃えられます。
他にもノイズゲート、スペースイコライザー、チャンネルディレイ等メジャーなイフェクトはほとんどあります。
かなり奥が深くいろいろできるソフトです。詳しくはまたの機会に。

3) CDexでwav->mp3変換する
HP用ということでビットレートは96Kbpsにしました。これぐらいのビットレートだとwmaの方が音がよいと思いますが、Macの人も聞くことを思えばmp3がよいでしょう。

コメント等ある人はぜひ教えてくださいね。

|

« 半月と音色 -竹横笛の可能性 | トップページ | 2004年風音忘年会とCD作成 »

コメント

お~、ご苦労様でした~!
なかなかいい音できこえますね~。
こうなるとPCのスピーカーももう少し良いものにしたくなります。ちょっとBGM的に聴くんだとそれで充分ですよね~。(CDが売れない訳だ・・・って、お仕事の愚痴でした)
ウチのPCの設定ではmp3はクィックタイムが開きます。
wmaはリアルプレイヤーになっちゃいます。Macの人もリアルプレイヤーをインストールすれば良いんですよね。
まぁ、便利な世の中というか複雑になってしまったと言うべきか・・・

投稿: まさ | 2004.12.18 11:07

まささんコメントありがとうございます。
最近はrealplayerは有償版をダウンロードさせようさせようとするため一般に使ってくださいというには難ありかなぁと思いmp3にしました。音は96kbpsなのでそこそこです。PCで試聴するのにぎりぎり十分というところでしょうか。笛の高音部が少し割れてしまっているのが竹主喜としては気になっていますが、1MB以下のサイズを優先しました。
まあでもパソコンは複雑ですよね。

投稿: 竹主喜 | 2004.12.18 11:18

竹主喜様、masaどん様
是非、今度「かのうや」HPにも音が流れる様にして下さいませ!メンバーにはその辺詳しい者は皆無です。太鼓は難しいのかなぁ?

投稿: B-MAD | 2004.12.18 15:07

B-MAD様いらっしゃい。
竹主喜もかのうやに音が流れるようにしましょう、と言いました。しかしミニライブを実際に聞いて録音は少なくとも素人レベルではかなり難易度が高そうです。劇の太鼓の録音でおっしゃっていた通りあの迫力を録音すると三味線のべんべんいう音のようになってしまいそうです。それでは申し訳ないのでこりゃ竹主喜の手には負えない難しいことだと思っていたところでした。
まささん素人機材で何とかする工夫はあるでしょうか?

投稿: 竹主喜 | 2004.12.18 20:06

たぬさんの機材だったら何とかなるんじゃないでしょうか。
う~ん、マイクはコンデンサーマイクが欲しいところですが・・・
デジタルで録ればそれなりの音にはなりますよ~。
あとはバランスの良い音が録れるようなマイクセッティングでしょうか。
でも、HPでの再生ですとPCのスピーカーは太鼓の低音はとうてい再現出来ませんから、いい音で録れてもあんまり意味無いかも知れませんけどね。(笛なんかはそれなりの音になりますけどね。)

投稿: まさ | 2004.12.18 23:33

まささんコメントありがとうございます。
太鼓のような大きな音にはダイナミックマイクを使うかと思っていました。今持っているのはダイナミックマイク(Cobalt4)です。
MR8では容量が少なく(最大30分ぐらい)使いにくいので、ノートPCにつなぐEDIROL UA-5ぐらいあればもうずっと困らない気はしています。でもソフトはMusicStudioProducerぐらいしかないんですよね。さすがにソフトまで買うと高いから。
いかん散財モードに入っている…

投稿: 竹主喜 | 2004.12.19 10:22

ノートにつなぐインターフェイスになんかのソフトが付録でついているんじゃないですかね。
そんなにたいそうなものではないと思いますけれど、一応使えるんでは・・・と思います。
それと、マイクですけど、楽器に近づけて録るにはダイナミックも良いのですが、
雰囲気とかはあまり入らないので、どちらかというとコンデンサーが良いです。
でも、まぁ今のマイクで試しにやってみたらいかがでしょうか。
太鼓は音圧がありますから結構良いバランスで録れると思いますよ。
笛とかチャンチキとかシンバルとかだと圧倒的にコンデンサーが有利です。
これも録る場所の条件にもよりますし、一概には言えないんですけどね。
きっちりやりたいたぬさんとしては、ちゃんとしたハードとソフトで完璧に・・・と思っちゃうんでしょうね。
わかります・・・(^_^)v

投稿: まさ | 2004.12.19 12:40

アドバイスありがとうございます。
コンデンサーは高いし維持が面倒そうなので持っていないのです。コンデンサー用のファンタム電源つきのインターフェースも持っていません。確かにとりあえず取ってみるのはありかもしれませんね。それでだめならその時考えるということで。

どうですか?B-MADさん

投稿: 竹主喜 | 2004.12.19 15:24

「かのうや」の為に、色々考えて下さってありがとうございます!>まさ様、竹主喜様
私達の音を録音する為にお金を使わないで下さいね。申し訳ないですから。あるもので取り合えずやってみて…という感じで構いません。(勿論、時間のある時で)私達も練習して音を合わせないと!明日(あれ?もう今日ですね)は待ちに待った「リシ笛教室」の日です。又、楽しい時を過ごしましょう〜!

投稿: B-MAD | 2004.12.21 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/2298152

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンでサウンドファイルの加工:

« 半月と音色 -竹横笛の可能性 | トップページ | 2004年風音忘年会とCD作成 »