« 篳利胡制作日記をリンク | トップページ | 新じゃがじゃがコンサート »

2004.12.07

リシ笛教室(5)

…リシ笛教室(4)が抜けている。リシさんを囲む会と同じ日だったので忘れてしまったようです。
 今日は5回目、まだ3ヶ月目とは思えないだんだん高度な(竹主喜にとって)内容になってきました。
これまで小学校のリコーダー以外楽器の経験がないため、パートが別れた合奏の伴奏になるとうまく合わせられないのです。妻の箏と合奏もよく我を見失うし、気長にやりましょう。
 それでもこれで1年半ぐらいもやっているせいか、やっと少しだけですが楽譜がなくても聞いたフレーズの通り吹けたりしました。特に篠笛発表会で一日吹いていた夜は顕著でした。合奏もいつかできるようになってくるのでしょう。

 実はビジネスマンモードがまだ残っている篠笛を習いだして最初の頃、上達をするために自分で練習計画を立てていたことがありました。篠笛の先生に「急がなくてよいですよ、ゆっくりそのうち自然にできるようになるものです」と言われて目から鱗が落ちたことがありました。ビジネスに代表される現代のせからしさに体を壊して笛に癒しを求めていたのに、同じことをしていては進歩がありません。意識と努力はするけれどゆっくり自然にですね。

|

« 篳利胡制作日記をリンク | トップページ | 新じゃがじゃがコンサート »

コメント

ウチにも「安里屋ゆんた」がやってきましたよ。
本人は「う~ん良い曲だ!気に入った~!」と言って練習に余念がありません。
リシ笛には民謡は良く合いますね~。
実は今日、沖縄民謡の楽譜を買って来ようかなぁ・・・なんて考えていた矢先なんで、
おどろくやら、嬉しいやら・・・(^_^)v
でも、もう次回で終わりなんですね~。
横にいて長かったような短かったようなこの3ヶ月ですね。
実に中身の濃い3ヶ月でした。
ありがとうございます。

投稿: masa | 2004.12.07 22:15

安里屋ゆんたは知らない曲なのでまだあんまり手についていないのです。でも島唄は一時期よく練習しましたし民謡はあいますよね。
まさどんの日記を見ているせいか何だか一緒にリシ笛の練習をしていたかのような感覚がします。
12/11にぜひ聞かせてくださいね。
竹主喜も妻の箏と合奏の練習をしていました。妻に合わせてもらっていますが、アコースティックな楽器は合いますね。

投稿: 竹主喜 | 2004.12.08 00:21

お~、11日には奥様との合奏が聴けるのですね~。
楽しみにしていますね~!

投稿: masa | 2004.12.08 08:28

「安里屋ゆんた」大好きです!沖縄民謡はゆったりしてて、自然と共に感謝して生きてる歌詞がステキです。私の好きな「寿」というアーティストのライブに行くとよく唄われていましたので、馴染みのある歌でした。三線と合わせるとこれが又、い〜い感じなんですよ!かのうやの弦サンに弾いて貰ってリシ笛と合わせてみようかなぁ。リシ笛教室は段々、合奏になってきましたよね?教室後のお茶も楽しくて。又、3ヶ月よろしくお願いします。
↓「寿」サンのHP
http://www.kotobuki-nn.com/

投稿: B-MAD@かのうや | 2004.12.08 23:02

B-MADさんこんばんわ
かのうやでも弦さんとリシ笛はよい取り合わせに感じます。静かな太鼓を合わせて新境地になるような気がしました。
 2005/01-03ももう更新もしましたからね。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 竹主喜 | 2004.12.09 00:03

B-MADさん、ホントお茶の時間もとっても楽しいですね~。リシ笛の余韻のお話とってもよかったです~。リシさんに是非伝えてくださいね。
「高い音が出るようになったね」って言ってもらえてうれしいな。・・・よし、とまたやる気になります。(^_-)
あと、高い音を出すのにホースの例えで説明してくれてピンと来るものがありました。左脳的な説明、ありがとうございます!!!
11日、是非来て下さいね!きっとリシ笛教室、ありますから。
タヌ先輩、B-MAD先輩今後ともよろしくお願いします。♪♪♪♪♪♪♪♪

投稿: kana | 2004.12.09 21:45

kanaさんこんばんわ
竹主喜もkanaさんのアドバイスで、隣に聞いたところ寝室が反対側に移動していたとかで、帰宅してから0時ぐらいまで平日でも笛の練習ができています。12月は笛練習月間です。楽しい!仕事は鬱だけど。

投稿: 竹主喜 | 2004.12.09 23:16

あの~、うちのkanaの発言なんですけど・・・
ホースの例えで吹けるようになったって話・・・これね、どうしても左脳的な話には聞こえないんですよね。
開口部の面積を・・・とか、息の速度を・・・とか言うのならば左脳的だと思うんですが・・・
まぁ、本人が超々右脳的なんでそう思ったんですよね~。
こう言うと本人も「あ、そうだね~!」なんて申しておりますです・・・(笑)
「う~ん、大丈夫!いつか吹けるようになるから~」という先生の言葉に比べると
ものすご~~~く理論的に聞こえたらしいですよん。

たぬさん、「ハートの国から」の譜面ちょうだいませませ!しのさんがべた褒めですよん。

投稿: masa | 2004.12.09 23:51

masaどんもこんばんわ
先日の楽しいリシ笛教室の後のお話でkanaさんの右脳派ぶりは感じていたのでつっこみませんでした。ホースの例えはB-MADさんの発言だったのですが、きっとそこで「2オクターブ目、3オクターブ目は空気の流速が必要になります。流量を増やさずにホースの先をしぼるがごとくすればいいんですよね」と左脳説明しても聞いてくれないだろうと思って言いませんでした。
でも分かる時は何気ない言葉で天啓を得るうれしい感覚はよく分かります。
確かに「いつか吹けるようになる」では不安ですが、かといって竹主喜のようにロングトーンを長くするために解剖図とにらめっこして腹式呼吸に必要な筋肉は側腹筋(外腹斜筋+内腹斜筋+腹横筋)だなとその当たりの筋肉を動かしてみようと毎日時間を決めてやったりしては仕事と変わらなくなってしまいます。kanaさんの感覚好きですよ。

投稿: 竹主喜 | 2004.12.10 00:11

ホースの話=超・右脳的人間の私の話ですから〜。って言うか右脳人間は「左脳的」とか「右脳的」なんて事考えて生きてませんので。でも、リシ笛の余韻の話は私の「吹いて見た感覚」と、たぬさんの「F1」(だっけ?)理論が見事に一致したのですよねー。密かに「私ってば“隠れ左脳人間”でないかい?」な〜んて思っちゃったり…。11日、行きたいです〜!でもでも、色々…とりあえず頑張ってみます。持ち物はリシ笛と楽譜とバチ(?)でしょうか。

投稿: 右脳的代表B-MAD | 2004.12.10 00:19

ホースの話はかなりのヒットだったようですよ。本人感動してましたから。

んでもって11日、う~ん、バチはいらないんでないかい?
あそこにはバチで叩くような太鼓は無かったような気がしますが・・・いや、あったかな・・・??
まぁ、とりあえず諸々の笛と楽譜は必携ですね。
待ってま~~~~~す!!

投稿: masa | 2004.12.10 01:33

B-MADさん、持って行きたい物何でも持って来て下さいね~~!リシ笛だけじゃなくていいですよ~。
たぬさん・・・すごい!腹筋を鍛えようと解剖図見てやるんですか!!!!!同じ人間とは思えない・・・
私の場合、右脳派というより、単に左脳が動いていないだけかもしれないと思いました~~。(^_^;)

投稿: kana | 2004.12.10 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/2184086

この記事へのトラックバック一覧です: リシ笛教室(5):

« 篳利胡制作日記をリンク | トップページ | 新じゃがじゃがコンサート »