« 『木とつきあう智恵』 | トップページ | 『楽器の音響学』と歌口の形 »

2004.11.06

G-20041106-1

G-20041106.jpg

○型番:G-20041106-1(G-0c/26℃/女竹-1節/内径16.1mm/オクターブ比1.99-2.04)
 先日甲斐新居直会パーティで会ったまさどんへ進呈するために作りました。オクターブ比もばっちりです。
竹主喜は今日は口内炎ができていて吹きづらいのですがよく鳴ります。1の音(第2孔が少し高め(+18c)ですが吹いてみて違和感はありません。


|

« 『木とつきあう智恵』 | トップページ | 『楽器の音響学』と歌口の形 »

コメント

たぬさま~!
え~!! そ、そんな・・・
超嬉しいですぅ~!!!
18cなんて聞き分けられないですし、吹き方で音程は随分変わるので・・・
本当に本当にありがとうございます~!
大事に使わせて頂きます。
口内炎ですか・・・お大事に~!

投稿: masa-don | 2004.11.07 00:27

B型まさどんへ
ちなみに442Hz 平均律で作りました。今の技術の中ではかなりいいできだと思います。吹き心地はほぼBEST。マイナスポイントはこの+18cです。まあ20c以内だと音の違いは分からないですし、吹き方でも変わりますからね。では今度のリシ笛教室に持って行きます。
しかしどうしてリシ笛ユーザにはB型が揃うのでしょうね。

投稿: 竹主喜 | 2004.11.07 00:52

本当にありがとうございます~!!
楽しみにしています!

投稿: B-masa | 2004.11.07 01:46

ようやく、笛が私の所にやってきました!
いや~~~、良く鳴る笛ですね~~♪!!
経年変化でどういう風に音が変わるのか・・・これも楽しみですね~~。
リシさんを囲む会でも吹きましたけれど、帰ってからもkanaと二人で合奏しました。
二人でピッチを合わせるのは難しいですけれど、うまく合ったときはしびれますね~♪
う~~ん、練習するぞ~~!!
本当にありがとうございます!!

投稿: masa | 2004.11.17 08:30

B-masaどんよろこんでもらえてよかったです。
どうも最近鳴る笛が作れない!と感じていたのは笛作りより自分の吹き方が変わっていたようです。スペクトル分析すると以前1/fになっていた笛が昨日吹くと傾いていました。よい笛作るには身も心もきれいにしないといけませんね。
こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: 竹主喜 | 2004.11.17 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1881009

この記事へのトラックバック一覧です: G-20041106-1:

« 『木とつきあう智恵』 | トップページ | 『楽器の音響学』と歌口の形 »