« 笛作りの輪 | トップページ | 笛の演奏と湿度 »

2004.10.09

たぬ笛とオープンソース

唐突ですが竹主喜の仕事はコンピュータエンジニアです。
中でもLinuxに代表されるオープンソースを使ってシステム構築がメインです。
プログラムは人間が読めるソースコードを書いて、パソコンが実行できるバイナリに変換します。
オープンソースとはソースコードを公開し共有することで人類の英知を改良に役立てようとする運動です。
オープンソースに対比する言葉が商用ソフトウェアで、Windowsが代表です。
Windowsを改良しようとしてもソースコードが公開されていないので、持ち主のマイクロソフト以外は改良できません。
オープンソースプログラムはバグがあってもソースを読むことで原因を発見したり自分で修正することも可能です。
そのためでしょう、ここ10年でオープンソースは格段の成長を遂げまだまだ伸びています。

竹主喜はオープンソースの考え方はコンピュータにとどまるものではないと思っています。
たぬ笛のサイトで計算式から作り方まで公開することはオープンソースの一種だと思っています。
この情報で刺激を受ける人が現れ、それが竹主喜の刺激になって笛づくりの輪にが広がっていけばいいなぁと思っています。

|

« 笛作りの輪 | トップページ | 笛の演奏と湿度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1631912

この記事へのトラックバック一覧です: たぬ笛とオープンソース:

« 笛作りの輪 | トップページ | 笛の演奏と湿度 »