« 笛のパワースペクトル分析 | トップページ | 『世界の師匠は十人十色』 »

2004.10.26

リシ笛は1/f ゆらぎだった!

「笛のパワースペクトル分析」で準備はできたので、早速測定してみました。以下の4本がわかりやすいデータがとれました。
全て最も低い筒音を5秒以上吹き続けた時のグラフです。移動平均は5秒なので最新5秒の平均値になっています。

2004/11/06 MP3追加。演奏するとかなり違うのですが単音では篠笛以外違いは小さいです

リシ笛G管
spectrum-G-rishi.gif 倍音列の波形も1/f ゆらぎを示す傾きも美しい限りです。1/f ゆらぎとは自然の随所で見られる全くのランダムでもなく、完全に規則的でもない適度なゆらぎを示しており、波打ち際の音、木目等自然はほとんど1/f ゆらぎになっているそうです。
 電車で眠くなるのも揺れが1/f だからだそうで、人が快感を感じるパターンだそうです。
 リシ笛を竹主喜が聞いた時は「やさしく」感じますが科学的にはこういうことだったのですね。


たぬ笛(音が正確だが音色がよくない/F-20040918-1)
spectrum-F-20040918-1.gif まず5000Hzぐらいのところで傾きが変わってしまっています。300-3000Hzの倍音列はまあ形になっていますが、傾きが足りません。これを聞くと「硬い音」になるのですね。


たぬ笛(よい音色だが、大甲音がすごくでにくい/G-20040910-2)
spectrum-G-20040910-2.gif 以前南房総の栗山様に試奏していただいた時に最も音がよいとが研究用に手元においた方がよいといっていただいた笛です。おかげで今回研究になりました、ありがとうございます。。倍音列が不揃いなところが音色の違いなのでしょう。あとこれは別問題になりますが大甲音が出にくいことです。


獅子田篠笛
spectrum-shinobue.gif ちなみに手元にあった篠笛も測定してみました。やはり4000Hzぐらいで傾きが変わっています。傾きが急=1/f2なのでこれを聞くと高音がたったよく通る音になるのでしょう。


 分析としてはおもしろいものができたと思います。…問題はどうやって作るかですよねぇ。

|

« 笛のパワースペクトル分析 | トップページ | 『世界の師匠は十人十色』 »

コメント


タヌさんイエ=========ッ!!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
久し振りに自己頁のリンクから跳んで来た・・・・・!!!!!!!!!!♪(笑)

> …問題はどうやって作るかですよねぇ。

簡単ダヨ~~~!!!!!!!!!V
ソレゾレの工程で、【自分の最も好みの音色】で造れば良いダケ!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

主なポイントは歌口と指孔の大きさ、(大きさは音色よりも先ずは音抜け重視ダケド、音色(オンショク)も、小さければ籠もって丸く、大きく成ればカスレた軽い感じト、カナリ違って来るヨ・・・・!V笑)、仕上げる時の歌口のエッジの丸め具合カネ・・・・・・?????? (←コレで主にカスレが取れる!VVV 後は音色の中心の奥行きが変わる、丸める程、奥に(下に???)沈んでク!♪♪♪)

最後に管内に竹紙とかクズが張り付き残って、ササクレテ無いか??? 管頭内にゴミや繊維が残ってササクレテ無いか????? カシラ????? (コレで先ずカスレが取れて、ブラシや布でブラッシングすれば、音色も鳴りもスッキリ滑らカ!!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)

マ、何年も前の疑問符ヤキ(苦笑)、もう解ってる事の方が多いと想うケド、「1/fゆらぎ」自体が衝撃的で(ゲラゲラゲラ!!!!♪)、全くコメして無かったキよ(笑)、一応・・・・・!!!!!!!!!V

投稿: リシ♪ | 2008.01.04 20:55

そういえばリシさんのコメントはいただいていませんでしたね。ありがとうございます。2004/10というと笛を作り始めて半年ぐらいのころですね。

・歌口のエッジはかすれに効きました
・指穴の壁の焼きで音がクリアになりました
・管頭はゴミが残りやすかったですが、工具を工夫して耳かきを作り
 ました
・指穴は大きい方がヌケも音量も大きくなりますが、女性でも押さえら
 れる程度に10mmで開けてコテで少し大きくしながらピッチ調整で
 10.5mm程度に固まりました。10.5mmであけて11mm程度までは大き
 くすることもあります
・歌口は竹の峯に開けることで音色がよくなりました。
 倍音成分が増えました
・律の違いでかなり違った印象の笛になります。
 竹主喜は純正律短調が好みかな
・そもそも竹は十分乾かさないといけなくて、結局時間をかけて自然
 乾燥させるしかないことと結論を出しました。ここ2年ぐらいはじっくり
 竹の乾燥を待っていました。そろそろ3年ものがたまり始めました。
・今は湿気対策で長持ちするが音色を変えない植物オイルを実験中
 亜麻仁油と桐油を化学式を含めて勉強中。柿渋も比較して桐油が
 優秀そう。

 リシさんにこの笛は!と思える笛を吹いてもらえるようになるのはいつのことか…

投稿: 竹主喜 | 2008.01.04 22:16


> 笛を作り始めて半年ぐらいのころですね。

おお~~~随分前だネ~~~~・・・・・・・!!!!!!!!!♪

> ・管頭はゴミが残りやすかったですが、工具を工夫して耳かきを作りました

バハハハ!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ホントか~~~見たいナ~~~~・・・・・!!!!!!!!><(笑) 写真ドッカにUPして在る??????

> ・歌口は竹の峯に開けることで音色がよくなりました。
> 倍音成分が増えました

ソウカ~~~あれ倍音も増えてるンだネ~~~~・・・・・・!!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

> ・律の違いでかなり違った印象の笛になります。

ソウソウ!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVV
アレは衝撃的ダッタよ~~~・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!><ノ
人に教えて貰った中では、コレ迄の生涯で最も役に立った情報ダッタ!!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVV(ゲラゲラゲラ!!!!!!♪♪♪)
タヌさん&シノちゃんのお陰様で!VVVV リシ笛も生まれ変わったゼイ!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVVV(イエ====ッ!!!!!!!!VVVV)

> 竹主喜は純正律短調が好みかな

おおソウ・・・・・!!!!!!!!♪♪♪♪
リシは意外にも平均律ダッタ・・・・・・!VVV(笑)
シンセでアルバム創ってた頃はトニカク気持ちが悪くて(苦笑)忌み嫌ったモンだが、笛は自分でリアルタイムで音律微調節出来るキよ!V 何律にでも変われる平均が良かったミタイ!!!!!VVVVVVVVV

> 竹の乾燥を待っていました。そろそろ3年ものがたまり始めました。

オオ========ッ!!!!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
イヨイヨ来たネ~~~~~ッ!!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

> ・今は湿気対策で長持ちするが音色を変えない植物オイルを実験中

ゲラゲラゲラ!!!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
最近大人しいキ(笑)、ド~~しとるダロウかッテ想っトッタけど、相変わらずヤットルね~~~・・・・・・(ゲラゲラ!♪)、スゲ~~ぜプロフェッサーーーーーッ!!!!!!!!!!><ノ

> リシさんにこの笛は!と思える笛を吹いてもらえるようになるのはいつのことか…

イヤ、人に拠って好みや理想は違うキよ!!!!!!!!!!V
タヌさん自身がメッチャ納得満足出来る世界一のタヌ笛を創りイよ!!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVV (ジャ無いとタヌさんがワザワザ笛を作る意味無いシ・・・・・!!!!!!!!><) ソレが最も高みを狙えるシカモ近道!!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVVVVV(イエ~~~ッ!!!!!♪♪♪)

投稿: リシ♪ | 2008.01.05 10:55

リシさんコメントありがとうございます。

管頭のゴミをとる耳かきは
http://tanufue.cocolog-nifty.com/tanuki/2005/02/3db.html
の右から4本目の工具です。元はホームセンターで陶芸コーナーにあった先が耳かき状のステンレス工具ですが、先をまげて歌口から差し込んで耳掃除します。その後ブラシや長い棒の先に紙やすりを巻いて磨いています。

投稿: 竹主喜 | 2008.01.06 00:06


ウ~~ム、肝心の”掘る”先の形状が判らん・・・・・!!!!!!!!!><
暇な時に「掘り先」の拡大写真をUPしてチョウ・・・・・・・!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVV

> その後ブラシや長い棒の先に紙やすりを巻いて磨いています。

管内を・・・・・ッテ事ダヨね~~・・・・・??????
リシやった事無いナ~~~・・・・・、ト言うノモ、昔のリシの笛造りの生徒が、浅草の篠笛職人から、「管内を塗装する時はナルベク薄く、筋目を決して消さない程度に」ッテ(笑)、教えて貰って来て、リシもソレを今の今まで鵜呑みにシトッタ・・・・・・!!!!!!!!!(失笑・・・・!!!!)

ドオ???? 何がドオ変わる???????

投稿: リシ♪ | 2008.01.06 00:39

リシさんへ
 時間がある時にするとのびそうだったのでステンレス管頭耳かきの写真をアップしました。
http://tanufue.cocolog-nifty.com/tanuki/2005/02/3db.html
を再度みてください。

 管内のブラシとは
http://tanufue.cocolog-nifty.com/tanuki/2004/08/post_5.html
 の下の方で、試験管洗い用なので削るというよりはゴミの除去です。紙ヤスリも#800なのでやはりゴミとり用です。
 なので竹の筋は消さないです。

 筋を消さない塗装という意味で、今トライしようとしている桐油の塗布は塗ってすぐ拭き取って乾かすので見た目は色もほぼんど変わりませんしまして竹の筋はなくなりません。
 以前リシさんに送った時は柿渋を使いましたが、水につけるため返ってしけりますし、日に当てて硬化させることもできないのでやめました。
 バイオリンにも使っていると聞く亜麻仁油を使ってみましたが、乾燥までに時間がかかり音の輪郭がぼけてしまうように感じました。
 今は桐油を使って試していますが、防水性は亜麻仁油よりよく乾燥が速いです。音色がどうかを今度笛を作って試したいと思ってます。
 桐油の方がどうしてよいのか化学的にヨウ素値や空気(酸素)との二重結合による「乾き方」について調べたので植物用オイルで通常手に入るものでは桐油が一番よさそうです。
音色までわかったら記事にするつもりです。

投稿: 竹主喜 | 2008.01.06 01:18


> ステンレス管頭耳かきの写真をアップしました。

見たヨ~~~サンキュ========ッ!!!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
コレ(笑)歌口から突っ込むタイプだ・・・・・???????(ゲラゲラ!♪)
意外ダッタ・・・・・(笑)、ア???? でも歌口からダト、一部分コソゲ難く無いカシラ??????

> 試験管洗い用なので

長柄付きイイね~~~・・・・・!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVV
今度リシも作ろうカシラ・・・・・(笑)

> なので竹の筋は消さないです。

ソウカ~~~~!!!!!!!!>< コウ成って来ると1回全部消してド~~成るか試して見たいネ~~~・・・・・・!!!!!!!><><><(ギャハハハハ・・・・・・!!!!!!!!!) 今度失敗作でヤッテ見るワね!!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVVV (チョット音階が狂いソ~~で嫌ネ・・・・・!><苦笑)

> 化学的にヨウ素値や空気(酸素)との二重結合による「乾き方」について調べたので植物用オイルで通常手に入るものでは桐油が一番よさそうです。

成る程・・・・!!!!!!!!!!V

> 音色までわかったら記事にするつもりです。

了解!!!!!!!!!VVVVVVVVVVVVVVV
楽しみにシトルわネ~~~~ッ!!!!!!!!!!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

投稿: リシ♪ | 2008.01.06 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1779559

この記事へのトラックバック一覧です: リシ笛は1/f ゆらぎだった!:

« 笛のパワースペクトル分析 | トップページ | 『世界の師匠は十人十色』 »