« K5シリーズのお披露目 | トップページ | 大甲音 »

2004.09.27

1000人目記念!

オープンから3ヶ月すでに訪問者のべ950人を越えました。みなさんありがとうございます。
感謝の意を込めてカウンターが1000になられていた方にはたぬ笛を1本さしあげます。
希望の管や要望をつけてカウンター1000を踏んだ旨コメントを付けてください。
なお複数本から選択する場合は希望以外の笛の返送料はご負担ください。
これからもたぬ笛のサイトをよろしくお願いいたします。

|

« K5シリーズのお披露目 | トップページ | 大甲音 »

コメント

 こんにちわ ただ今 自作の笛のことを書き込もうと寄りましたら 1000番目でした。

 たぬ様宅にはいずれ機会をつくってぜひうかがってみたいと
思っておりました。かえって1000番目を楽しみにされた方々に
ちょっと申し訳ない気持ちです。

 さて自作のG管ですが指孔を調整しておりまして、音程が微妙に代わります。最終的にはG管であるか心配です。そこで 響き穴付きの笛が
気になります。お金を工面して目白に行こうかと思ってます。

投稿: そーれー | 2004.09.28 12:41

そーれーさんへ

 笛はかなり安定させても吹くたびに音程が微妙に変わるので何をもって「チューニングされた」とするかはっきりしない部分もありますよね。
 竹主喜は数度吹いて最もよい音がする部分で音程を合わせています。10c以内ならメリ・カリで変動できるので0cと言ってもよいとは思いますが。
 G管は大きさもちょうどよいし、C(#♭なし)とG(#一つ)が演奏できるので最も好きな管です。そーれーさんには前から笛を送る約束はしていましたからこれを機会に週末にでもG管を作成して1本お送りします。

 これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 竹主喜 | 2004.09.28 12:57

度重なる試し吹きありがとうございます。コンニチハ!南房総の栗山です。
今回も吹き込みしっかりさせていただきました。今日あたり到着しますヨ~。
チューニング調整むつかしいですね。苦労察します。
いろいろ調律の話題で話が出てきましたので私の思っている考えをひとつ書かせてください。調律は機械で測ったとゆうよりもっと人間的とゆうか、つまり何をもって「チューニングされた」かの判断は、測定器で正確に調律「できた」としても、また違うもうひとつの考えのもとにある「正確さ」を測る必要があると思います。それはその笛を吹く演奏者が実際吹いて違和感を訴えなければ「正確なんだ」と製作者が思ってくれればいいと。つまり演奏者ごとに呂の吹き方、甲の吹き方、大甲も、唇の当てる位置、吹く強さが違うなどとクセがある。私は具体的にバンドアンサンブルの中でよくチューニングされたベースにハモンドオルガンの音色と一緒に3コード進行の曲、簡単な曲で良いんです(スタンドバイミーやドッグオブザベイなど)でアドリブを吹いて試します。呂のレから大甲のミまで全部使って、でればOKとしてます。研究製作がんばってください。応援してます!

投稿: 南房総の栗山 | 2004.09.28 13:32

 たぬ様、南房総の栗山様 こんにちわ

>たぬ様
 G管 ありがたいです。C調が吹けますし。(どちらかというと
低いGまで出るC管という吹き方が多いですね。)
 私も今のG管が一段落したらG管7孔(まんまC管です)に
行ってみようと思ってます。

>南房総の栗山様
 そうですね。私もリシ笛 横八4孔の時どうしても気になる2孔目の
音のズレを裏孔追加加工の時に調整してもらって満足してましたら、
チューナーではかってみるとどうも前の音が音程としては近いような
結果が出ました。つまり私の耳が低いと感じてただけかもしれません。
 ただ 今の笛には満足してますからもちろんOKです。
 和音階に対しても慣れか(慣れないのか)そのあたりの私の問題
だったかと思われます。
 あとは めったりかったりの技能を身につけると。
 作ってみてますます笛が楽しくなりました。
 今後ともよろしくお願いします。

投稿: そーれー | 2004.09.28 14:10

竹主喜様 そーれーです。今日 午前中に届きました。ありがとうございました。

 いただいた笛は「G-20040919 30° 442Hz」 でした。
 吹いてみますとものすごく柔らかい音でとても吹きやすい印象です。
 柔らかさは私のリシ笛D管ととても似た感じです。甲音のキリッとした感じを求めて作った私のG管がこれとまるで逆の高音が立つ笛になってしまいましたので同じ調の全然違う音色のペアとなっております。

 見た目は、管の肉厚、孔の大きさの違いが目立ちます。
 私は意識して小さめの孔にしました。音色とも関係があるのでしょう。
     歌口  1~3 4  5、6 内径 外径  肉厚
たぬ笛  13*13  10.5  9.5  10.5  15  24.5  5
私の笛  12*11  9   7.5  9   15*16 20-21 2.5-3

 内径が変わらないのでかなり太く見えます。実際比べると重いです。
 自分の笛の音程についてはまた後ほど(今9Vの電池がちょうど切れてしまって) これから吹き込んで音を探します。とても興味深いです。

>  フルートの方用にC管ですか。C管だといつでも持ち運びできるぐらい小さくて
> いいですね。フルートの音程よりは1オクターブ高い気はしますが。
 そうですね。多分ピッコロと同じです(吹いたことないもので)。1本目が結構良くなる笛(目白の講習会にて作った八本調子)になったのでこれを参考にします。
 
 2,3本目くらいまで作りましたら 竹主喜様にも是非吹いてみていただきたいと思っております。

 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: そーれー | 2004.10.04 19:19

そーれーさんへ

 笛が届いたようで、
>吹いてみますとものすごく柔らかい音でとても吹きやすい印象です。
 との感想うれしく思います。竹主喜はやわらかい暖かくなるような音を作りたいのでそれが少しは形になっているようでうれしいです。

 そんな調は同じだけれど違う音色のそーれーさんの笛を楽しみにしています。きっと勉強できることが一杯あると思います。

投稿: 竹主喜 | 2004.10.05 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1530258

この記事へのトラックバック一覧です: 1000人目記念!:

« K5シリーズのお披露目 | トップページ | 大甲音 »