« 『琉球横笛再考』 | トップページ | 山口賢治尺八コンサート »

2004.08.29

小学校の音楽の先生(フルート専攻)にたぬ笛進呈

 妻の友人の小学校の音楽の先生が遊びに来てくれました。
 以前たぬ笛1号器を竹主喜が不在の時に吹いてもらって、すばらしい音がしたと感想をもらって、竹主喜が笛を作り続ける勇気をもらった方です。
 その方はフルートを専攻されていて今日始めて音を聞くことができました。竹主喜が吹くのとは大違いのよい音が。
フルート専攻の方だけにフルートの音がします。音が違うのはビブラートのかけ方によるのではないかとのこと。
音がしっかり出るまで大体3年ぐらいかかったとか。竹主喜もあと2年ぐらい練習を積めばよいですかね。

F-20040807-1とC-20040726-1を進呈しました。しばらく吹いてもらって改良の感想をもらう予定です。


|

« 『琉球横笛再考』 | トップページ | 山口賢治尺八コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1306383

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の音楽の先生(フルート専攻)にたぬ笛進呈:

« 『琉球横笛再考』 | トップページ | 山口賢治尺八コンサート »