« 節の黒いしみは音を鳴らなくする? | トップページ | 小学校の音楽の先生(フルート専攻)にたぬ笛進呈 »

2004.08.28

『琉球横笛再考』

ryukyu-yokobue.jpg
『琉球横笛再考』
 珍しい本を見つけたので買ってみました。編著者の玉木繁さんは琉球伝統音楽湛水流(笛)の後継者だそうで、琉球音楽の律、祭り等伝統芸能を笛を縦軸にした記事が集めてありました。
 沖縄の笛は6孔で中国の明笛の流れであり、律は5音階。大和の五音階本調子がドミファラシに対してドミファソシだそうです。指孔同士の間隔が同じ6孔では正確に出ない音があるため換え指や改良笛を使う方法が掲載されていました。
 まだ竹主喜の知識不足で読み込めていませんが今後読み返していきたいと思います。

|

« 節の黒いしみは音を鳴らなくする? | トップページ | 小学校の音楽の先生(フルート専攻)にたぬ笛進呈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1300482

この記事へのトラックバック一覧です: 『琉球横笛再考』:

« 節の黒いしみは音を鳴らなくする? | トップページ | 小学校の音楽の先生(フルート専攻)にたぬ笛進呈 »