« 及川鳴り物博物館 | トップページ | ジーザス・クライスト・スーパースター ジャポネスクバージョン »

2004.08.16

G-20040818-1

G20040816-1.jpg

○型番:G-20040818-1(G-0c/30℃/虎竹-2節)

 先にあげた通り、1〜3孔は乙音、4〜6孔は甲音に調律しました。4〜6孔はオクターブ比が2.0だったため
最低音のソ〜高いシまでほぼ0cの今まででもっとも正確な調律になりました。
 しかし音がカスれる…。管内は今までになくぴかぴかに磨きましたし、歌口、指孔のバリもリュータで完璧に取りました。それでも音が悪い…。なんでかなぁ。

|

« 及川鳴り物博物館 | トップページ | ジーザス・クライスト・スーパースター ジャポネスクバージョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1207760

この記事へのトラックバック一覧です: G-20040818-1:

» 手作りにこだわりたい [Sailing on Strings ~漂流する弦もの~]
なにげにブログを眺めてたら横笛を自作する方のブログ「ピタゴラス律横笛 たぬ笛のペ [続きを読む]

受信: 2004.08.23 00:46

« 及川鳴り物博物館 | トップページ | ジーザス・クライスト・スーパースター ジャポネスクバージョン »