« コメントをつけられるように | トップページ | 音の出やすさと歌口のエッジ »

2004.08.08

F-20040808-1

F20040808-1.jpg

○型番:F-20040808-1(F+9c/30℃/女竹-1節)

 20040808は20040803の内径16.3mm、20040807の内径19mmより少し細い目の内径15.9mmで作りました。
内径が細くなると大甲音が出やすくなるかと思いましたが、何も変わりません。竹が違うのに、吹き心地をも音色も
すごくにている笛になりました。少し20040808の方がピッチが正確でしょうか。
 F管を作っていて気づいたのですが、F管だと1〜3孔は計算通りつくると孔の間が遠くて竹主喜の手では持ちにくい
ことが分かりました。20040803は計算通り作って少し持ちにくくなっています。20040807と20040808は微調整して
持ちやすさを優先してます。この笛だけ3孔が4孔と同じ大きさの9mmです。

歌口1孔2孔3孔4孔5孔6孔
12mm10mm10mm9mm9mm10mm10mm

|

« コメントをつけられるように | トップページ | 音の出やすさと歌口のエッジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1152199

この記事へのトラックバック一覧です: F-20040808-1:

« コメントをつけられるように | トップページ | 音の出やすさと歌口のエッジ »