« C-20040802-1
B♭-20040802-1
| トップページ | リングオーガー13,14,16,17mm »

2004.08.07

F-20040803-1
F-20040807-1

F20040803-1.jpg

○型番:F-20040803-1(F+30c/30℃/女竹-1節)
○型番:F-20040807-1(F+10c/30℃/虎竹-3節) 平均律F

 妻の箏との合奏のためF管を作ることにしました。箏は平調子(=B♭)です。
箏と合奏する場合は低い音の方がよいので、B♭管ではなく、F管を使っています。
F管は換え指一つでB♭が演奏できるのです。
 ※詳細は[理論]の音程と音階を参照

 20040803は千倉の加藤竹材店で入手した竹で節の切り方が逆で先の方が太くなっています。
ですので、端補正率を通常1孔に向かうと大きくなるところを管径比で小さくしましたが大はずれ。
乙音がはずれたので甲音をぴったり合わせました。
 20040807は4〜6孔はぴったり0cなのですが、1〜3孔がずれました。節またぎで3節ものは暴れます。
しかし大甲音も出る今までで一番よい笛になりました。
 この笛の元の竹は虎竹なのにキンメイチクのように縦に白い筋が入っています。こういう種類かな?

|

« C-20040802-1
B♭-20040802-1
| トップページ | リングオーガー13,14,16,17mm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1145592

この記事へのトラックバック一覧です: F-20040803-1
F-20040807-1
:

« C-20040802-1
B♭-20040802-1
| トップページ | リングオーガー13,14,16,17mm »