« 佐倉太鼓衆2004夏コンサート | トップページ | 指譜と曲集PDF »

2004.07.19

パイロットの友人にF管進呈

パイロットの友人が自宅に遊びに来てくれ、たぬ笛に興味をもってもらえました。
彼はピアノの名人だけあってか笛にふれて5分ほどで音がでました。たぬ笛は442Hzが基音なのですが、
ピアノの人だけあって基音は440Hzが耳に心地よいとのこと。吹きやすさを一番に440Hzを基音にしてたぬ笛を
作成し進呈しました。……写真取り忘れました (x x)

○型番:F-20040719-1(F-1c/30℃/虎竹-3節)
 ※吹き易さ優先に極太(22mm)で竹皮は薄い目(1.95mm)
 ※基音440Hz/平均律-F
 ※大甲音( )がでない

 極太だけあって端補正率が平均と大きく違っていました。初めて指孔をあけてから管長を切りそろえたり、
4〜6孔をあけてから1〜3孔の端補正率を変更したりましたが、おかげでぴったり調律できました。

|

« 佐倉太鼓衆2004夏コンサート | トップページ | 指譜と曲集PDF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36325/1006422

この記事へのトラックバック一覧です: パイロットの友人にF管進呈:

« 佐倉太鼓衆2004夏コンサート | トップページ | 指譜と曲集PDF »